HOME  >   トピックスアーカイブ  >  2016年度バイオマス産業都市の選定

2016年度バイオマス産業都市の選定

2016年度バイオマス産業都市の選定

2013年から7府省(注1)が共同で、2018年度に全国で100地域を選定することを目標としたバイオマス産業都市を推進してきたが、2016年度には16地域が選定されて、50地域になった。

バイオマス産業都市とは、地域のバイオマスの原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型のエネルギーを強化することよって、地域の特色を活かした、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指す地域である。

表1に2016年度に選定されたバイオマス産業都市を示す。地域の産物に応じたソバ茎葉・きのこ廃菌床による発電や熱利用、九州の3地域における竹のバイオマス利用プロジェクトをはじめ、紙おむつの固体燃料化・熱利用や再生パルプ製造事業、さらにバイオガス発電・排熱・排ガスの植物工場での利用など新しいプロジェクトが含まれている。(2014年12月)

 

表1  2016年度に選定されたバイオマス産業都市

 

地域

代表的事業化プロジェクト

1

北海道知内町

木質バイオマス熱利用(未利用材、林地残材等)、食品化(ニラ茎下部分)

2

北海道音威子府村

バイオガス発電・熱利用(ソバ茎葉、遊休地雑草、生ごみ等)、堆肥化(家畜排せつ物)、飼料・敷料化(牧草、 河川敷雑草)

3

北海道西興部村

バイオガス発電・熱利用(家畜排せつ物、食品廃棄物等)、木質チップ製造、木質バイオマス熱利用(間伐材)

4

北海道標茶町

バイオガス発電及び熱利用(家畜排せつ物等)、木質バイオマス熱利用(林地残材等)

5

青森県平川市

バイオガス発電(食品廃棄物、集落排水汚泥等)、バイオガス及び木質バイオマス発電施設の排熱利用〈温室ハウス、陸上養殖施設〉、BDF製造(廃食用油)

6

岩手県一関市

バイオガス発電(家畜排せつ物)、木質バイオマス発電・熱利用(林地残材、間伐材)、木質バイオマス熱利用 (木質チップ) 、木質チップ製造(民有林)

7

宮城県加美町

バイオガス発電(家畜排せつ物、生ごみ、合併浄化槽汚泥)、木質チップ・薪・ペレット製造(林地残材、剪定枝等)、木質バイオマス熱利用(薪)

8

新潟県十日町市

固形燃料化・熱利用(間伐材、紙おむつ、きのこ廃菌床、もみ殻等)、バイオガス発電・熱利用(生ごみ、きのこ廃菌床、下水汚泥)、BDF製造(廃食用油)

9

富山県南砺市

固形燃料化(間伐材、もみ殻等)、堆肥化(もみ殻、事業系生ごみ)、バイオガス化(生ごみ、樹皮)、バイオマスツアー

10

静岡県掛川市

木質チップ製造(間伐材、林地残材)、木質バイオマス発電・熱利用(木質チップ)、堆肥化(鶏糞)、再生パルプ製造(紙おむつ)

11

愛知県半田市

バイオガス発電・排熱・排ガスの植物工場での利用(生ごみ、食品廃棄物、家畜排せつ物)、堆肥化、固液分離による臭気低減(家畜排せつ物)

12

京都府京丹波町

木質バイオマス熱利用(間伐材、林地残材等)、バイオガス発電・熱利用(家畜排せつ物)、堆肥化(家畜排 せつ物)

13

福岡県糸島市

バイオガス発電(家畜排せつ物)、固形燃料化(低質材、竹)

14

大分県国東市

バイオガス発電(家畜排せつ物、し尿、家庭系生ごみ等)、木質ペレット製造(間伐材、竹等)

15

鹿児島県薩摩川内市

マテリアル利用〈セルロースナノファイバー、バイオプラスチック、サプリメント、堆肥化等〉(竹)

16

鹿児島県長島町

バイオガス発電・液肥有効利用(家畜排せつ物、漁業残渣、農業残渣、焼酎粕、生ごみ)

出典:農林水産省 バイオマス産業都市の選定地域
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/bio_s/attach/pdf/161005-1.pdf

 

注1)
内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省

 

参考資料:
• 農林水産省 バイオマス産業都市の選定地域
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/bio_s/attach/pdf/161005-1.pdf
• 2015年度のバイオマス産業都市選定(トピックス2016年1月)
https://www.asiabiomass.jp/topics/1601_01.html

その他の最新トピックス