HOME  >   トピックスアーカイブ  >  オーストラリアの波力発電開発

オーストラリアの波力発電開発

オーストラリアの波力発電開発

オーストラリアでは、波力発電の開発が継続して行われており、2016年5月に、The Australian Maritime College (AMC)において、世界初の波力発電ファームの性能及び影響評価試験が、実験水槽を用いて公開で行われた。この公開実験には、表1に示すThe Australian Renewable Energy Agency (ARENA)のEmerging Renewables Programmeで波力発電の開発を行っている企業や大学が集まった。波力発電装置が近くに複数設置された場合に、それぞれの装置が受ける影響を把握し、最適な配置を行うための研究が今後行われる。

Emerging Renewables Programme に参加しているCarnegie Wave Energy Limited は、パース波力エネルギープロジェクトで波力発電装置CETO5(240kW)の商業運転を行った。この装置は、海中に係留されているブイアクチュエータ(BA)が波の動きで揺動してポンプとして作動し、陸上に設置された発電装置に高圧の海水を送って発電する。高圧で送られる海水は海水淡水化装置の運転にも利用可能である。この装置は、離島や海軍基地に飲料水と電力を供給することを想定しており、ゴールデンアイランドにあるオーストラリア最大の海軍基地に電力と淡水が供給された。  さらに大型のCETO6(1000kW)も開発中である。(2016年6月)

 

表1  ARENAのEmerging Renewables Programmeの波力発電関連プロジェクト

技術レベル プロジェクト 開発組織 場所 予算(豪ドル) 開始時期
試験中 波力発電アレイの相互作用の解明 Swinburne University of Technology Melbourne,VIC 1,501,529 2014年8月
試験中 Carnegie
CETO6開発
Carnegie Wave Energy Limited Offshore of Garden Island, WA 46,000,000 2014年6月
商業運転 パース波力エネルギープロジェクト(CETO5) Carnegie Wave Energy Limited Offshore of Garden Island, WA 32,000,000 2012年4月

出典:ARENAホームページから作成
http://arena.gov.au/news/arena-supports-world-first-wave-energy-farm-research-and-collaboration/

 

参考資料:
• Carnegiewave社ホームページ
http://carnegiewave.com/
http://carnegiewave.com/wp-content/uploads/2016/06/160601_-PWEP-Final-Milestone-Payment.pdf

その他のトピックス