HOME  >   トピックスアーカイブ  >  エコスクールへの再生可能エネルギー設備の導入推進

エコスクールへの再生可能エネルギー設備の導入推進

エコスクールへの再生可能エネルギー設備の導入推進

文部科学省は、環境に配慮した学校施設(エコスクール)整備推進事業で、公立学校に対して再生可能エネルギー設備を導入することを支援しており、生徒や地域への環境・エネルギー教育の発信拠点とすることを目的としたものである。

2015年12月に発表された公立学校の再生可能エネルギー設備の設置状況は、全国の公立小・中学校の太陽光発電設備の設置が最も多く7,371校に達している(表1)。太陽光発電設備は、2009年度の1,202校から2015年度の7,371校となり、6年間で6倍以上に増えている(図1参照)。

また、風力発電を設備している公立学校は711校、太陽熱利用設備については230校が導入している。太陽光発電、風力発電、太陽熱利用の3種類の再エネについては、設備導入費用の1/2が文部科学省から助成される等、導入に力が入れられている。

一方、小・中学校では、設置されている再生可能エネルギー設備等のうち、停電時でも電力を供給できる設備の割合は、2013年度の31.6%から、2015年度には44.5%に増加していることがわかった。小・中学校が災害時の地域の避難所となっている場合が多いため、地域社会への貢献も視野に入れて、更に導入が進むことが期待される。(2016年1月)


表1  再生可能エネルギー設備等の設置数(公立学校種別、2015年4月1日時点)

   太陽光
発電設備 
 風力
発電設備 
 太陽熱
利用設備 
 その他 
 バイオマス
熱利用設備 
 地中熱
利用設備 
 燃料電池   雪氷熱
利用設備 
 小水力
発電設備 
 小・中学校   7,371 610 144 122 61 20 5 6
 高等学校   847 84 64 36 11 0 4 1
 幼稚園   194 7 7 5 3 0 1 0
 特別支援学校   205 10 15 4 2 0 0 0
 計   8,617 711 230 167 77 20 10 7

出典:文部科学省ホームページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/ecoschool/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/03/1296649_01.pdf

 

図1  再生可能エネルギー設備等の設置数の推移(小・中学校)
図1  再生可能エネルギー設備等の設置数の推移(小・中学校)
出典:文部科学省ホームページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/ecoschool/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/03/1296649_01.pdf

 

参考資料:
• 文部科学省ホームページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/ecoschool/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/03/1296649_01.pdf
http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/ecoschool/detail/1296649.htm
http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/newdeal/seido/__icsFiles/afieldfile/2013/06/18/1269104_2.pdf

その他のトピックス