HOME  >   トピックスアーカイブ  >  輸入ヤシ殻(PKS)のバイオマス発電への利用

輸入ヤシ殻(PKS)のバイオマス発電への利用

輸入ヤシ殻(PKS)のバイオマス発電への利用

我が国では2030年までのエネルギーの長期需給見通しにおいて、安定電源に分類されたバイオマス発電は602万kW〜728万kWの導入が見込まれている。特に一般木材・農作物残さの区分では、既導入量10万kWに対し、274〜400万kWの導入見通しとなっており、達成するには国産の製材端材や農作物残さだけでなく、輸入燃料であるヤシ殻(PKS)や輸入チップが必要とされる状況である。

ヤシ殻はアブラヤシからオイルを製造するときに発生する農作物残さで、インドネシアやマレーシアから年間約1000万トンを供給する能力がある。日本の輸入量は、2013年から急激に増加しており(図1)、価格も上昇傾向にある(図2)。

バイオマス発電は、規模を大きくしようとすると、燃料となるバイオマスの安定確保がむずかしいという制約があった。海外からのヤシ殻を燃料として確保することで、バイオマス燃料の安定的に確保することが可能になり、より大規模な専焼発電所の建設が可能になる。表1に示すようにヤシ殻を使用した発電所の建設が進んでおり、バイオマス発電は海外からのバイオマス燃料の供給を前提とした新しい形態の普及段階に入って来た。(2015年12月)

 

図1  PKSの輸入量の推移
図1  PKSの輸入量の推移
財務省 貿易統計を基に作成

図2  PKSの平均輸入価格の推移(CIF:運賃、保険料込の価格)
図2  PKSの平均輸入価格の推移
(CIF:運賃、保険料込の価格)
財務省 貿易統計を基に作成

 

表1  ヤシ殻を燃料としたバイオマス発電所の例

地域 事業者 設備容量 燃料 運転開始
神奈川県川崎市 株式会社 京浜バイオマスパワー 49 MW 木質ペレット/ヤシ殻 等 2015年11月2日
愛知県半田市 サミット半田パワー株式会社 75MW 木材チップや ヤシ殻 2016年予定
三重県津市 株式会社グリーンエナジー津 20MW 木質チップやヤシ殻 2016年7月予定
鳥取県鳥取市 三洋製紙株式会社 16.7MW 木質チップ、ヤシ殻、石炭 2016 年12 月予定
新潟県新潟市 株式会社バイオパワーステーション新潟 5.75MW 森林資源の未利用バイオマス、一般木質バイオマス、ヤシ殻、建築廃材等 2016年6月予定
秋田県秋田市 ユナイテッドリニューアブルエナジー株式会社 20MW チップ7割、ヤシ殻3割 2016年7月予定
高知県高知市 イーレックスニューエナジー株式会社 29.5MW PKS 2014年4月
大分県佐伯市 イーレックスニューエナジー株式会社 50MW PKS 2016年秋予定

出典:各社プレスリリース等

 

参考資料:
• 財務省 貿易統計
http://www.customs.go.jp/toukei/info/index.htm
• 経済産業省 長期需給見通し関連資料
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/mitoshi/pdf/report_02.pdf
• 昭和シェルプレスリリース
http://www.showa-shell.co.jp/press_release/pr2015/1109.html
• サミットエナジープレスリリース
http://www.summit-energy.co.jp/Release/20140714_PressRelease.pdf
• JFEエンジニアリングプレスリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2014/20140922092208.html
• 三洋製紙プレスリリース
http://www.sanyopaper.co.jp/pdf/biomas-press201502.pdf
• 新潟市プレスリリース
https://www.city.niigata.lg.jp/business/kigyo/kigyo_oshirase/shinkiinfo/baio_power_station.files/houdoushiryou.pdf
• 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150401_42033.html
• イーレックス株式会社HP
https://www.erex.co.jp/supply/
• パームヤシ空果房の輸入量が拡大(2010年1月)
http://www.asiabiomass.jp/topics/1001_03.html

その他のトピックス