HOME  >   トピックスアーカイブ  >  中国の洋上風力発電大型プロジェクト運転開始

中国の洋上風力発電大型プロジェクト運転開始

中国の洋上風力発電大型プロジェクト運転開始

洋上風力発電は、欧州で先行して導入が進められているが、中国では2015年末までに5GW、2020年までに20GWの導入を目標としている。図1に示すように洋上風力発電の累積導入量では、中国は658MWで5位であるが、2014年の新規導入量は英国、ドイツに次いで229MWを追加して世界第3位を占めている(図2)。

中国では、洋上風力発電を推進するに当たり、今までは潮間帯を中心に設置されてきたが、今後は水深のある近海地域にも設置を進めていく方針で、近海地域に優遇した固定買取価格を2014年に設定している。内陸部で開発が進められている陸上風力発電は、電力需要地から遠いため、新たに送電網を整備する必要がある。それに比べ、沿岸部は人口が多く電力消費地に近いため送電線は短くて済む利点もある。

表1に示すように、中国の大型洋上風力発電プロジェクトで2015年に新たに運転を開始したサイトは、江蘇省の響水県陳家港 洋上風力発電所 と龍源電力 如東県潮干帯 洋上風力発電所2カ所、及び上海の東海大橋 洋上風力発電所1カ所である。この他に建設中のプロジェクトとして、龍源電力 莆田南日島 洋上風力発電所および如東県 洋上風力発電所などがある。中国の洋上風力発電は、海洋構造物や海底ケーブル敷設の関連産業を育成し、海外展開も視野に入れ開発が進められている。(2015年11月)

 

図1  洋上風力発電累積設備容量
図1  洋上風力発電累積設備容量
出典:GWEC Global Wind 2014 Reportから作成
http://www.gwec.net/wp-content/uploads/2015/03/GWEC_Global_Wind_2014_Report_LR.pdf

 

図2  2014年単年導入設備容量(合計1,713MW)
図2  2014年単年導入設備容量(合計1,713MW)
出典:GWEC Global Wind 2014 Reportから作成
http://www.gwec.net/wp-content/uploads/2015/03/GWEC_Global_Wind_2014_Report_LR.pdf

 

表1  中国大型洋上風力発電プロジェクト進捗状況

  名称 地域 設備容量 進捗
響水県陳家港 洋上風力発電所
Chenjiagang Xiangshui Offshore Wind Farm
江蘇省 201MW 発電開始
2 龍源電力 如東県潮干帯 洋上風力発電所
Longyuan Rudong Intertidal Wind Farm
江蘇省 150MW 発電開始
3 東海大橋 洋上風力発電所
Donghai Bridge Wind Farm
上海市 102MW 発電開始
4 龍源電力 莆田南日島 洋上風力発電所
Putian Nanri Island Wind Farm
福建省 50MW
(400MWの第1期)
建設中
(2019年完成予定)
5 如東県洋上風力発電所
Rudong Wind Farm
江蘇省 300MW 建設中
(2018年完成予定)

出典:Engineering News Recordホームページを基に作成

 

図3  中国大型洋上風力発電プロジェクト
図3  中国大型洋上風力発電プロジェクト
出典:Engineering News Recordホームページを基に作成

 

参考資料:
• GWEC Global Wind 2014 Report
http://www.gwec.net/wp-content/uploads/2015/03/GWEC_Global_Wind_2014_Report_LR.pdf
• 中国における洋上風力の推進(トピックス2014年10月)
http://www.asiabiomass.jp/topics/1410_04.html

その他のトピックス