HOME  >   トピックスアーカイブ  >  世界最大の水上設置メガソーラ建設

世界最大の水上設置メガソーラ建設

世界最大の水上設置メガソーラ建設

再生可能エネルギー固定価格買取制度開始後、日本国内では急速に太陽光発電の導入が進み、メガソーラを設置できる土地が減っている。土地の次に利用できる設置場所としては、工場・倉庫等の屋根が候補となり、太陽光発電のための屋根貸し事業も開始されているが、さらには農業用のため池への水上設置(フロート式)の取り組みが始まっている。

広島と東京に本社を持つ(株)ウエストホールディングスは、2013年7月に埼玉県桶川市のため池にフロート式メガソーラを設置した実績を有しており、コストダウンのためにプラスチック製品を取り扱うキョーラク(株)とフロート式架台の開発を行っている。

太陽光パネル大手の京セラ(株)と東京センチュリーリース(株)の共同出資会社である京セラTCLソーラー合同会社は2014年8月に、フランスの架台メーカーであるシエル・テール社からフロート式架台の提供を受け、水上設置メガソーラに参入することを発表した。その第1号案件として、兵庫県加東市の西平池と東平池にフロート式メガソーラの建設を同年9月に開始した。特に西平池フロート式メガソーラは約1.7MWの規模であり、フロート型太陽光発電としては世界最大の設備容量を持っている※1

(株)ウエストホールディングスは年間30MW、京セラTCLソーラー合同会社は2014年度で60MWの設置を目指すとしており、今後フロート式メガソーラの導入が進むことが期待されている。(2014年11月号)

 

表1 フロート式メガソーラ

設置場所 施工会社 設備容量 発電開始 フロート架台メーカー
埼玉県桶川市 (株)ウエストエネルギーソリューション 約1.2MW 2013年7月 シエル・テール社
兵庫県加東市西平池 京セラTCLソーラー合同会社 約1.7MW 2015年4月予定
兵庫県加東市東平池 約1.2MW

出典:
 桶川市ホームページ
http://www.city.okegawa.lg.jp/shisei/51/233/p001451.html
京セラ(株) ニュースリリース
http://www.kyocera.co.jp/news/2014/0801_imka.html

 

※1
2014年8月29日時点

 

参考資料:
• 水上設置太陽光発電の進展(新エネルギー財団トピックス2013年8月)
http://www.asiabiomass.jp/topics/1308_04.html
• 桶川市ホームページ
http://www.city.okegawa.lg.jp/shisei/51/233/p001451.html
• 京セラ(株) ニュースリリース
http://www.kyocera.co.jp/news/2014/0801_imka.html
• (株)ウエストホールディングス トピックス
http://www.west-gr.co.jp/topics/497/
• (株)シエル・テール・ジャパン ホームページ
http://www.cielterre.jp/

その他のトピックス