HOME  >   トピックスアーカイブ  >  カンボジアにおける太陽光発電の状況

カンボジアにおける太陽光発電の状況

カンボジアにおける太陽光発電の状況

カンボジアは、図1に示すように日射に恵まれており太陽光発電に適している。

カンボジアの太陽光エネルギー利用は非電化地域の家庭用を中心に導入が進められている。2011年にはカンボジアのNGOであるPicoSolはアジア開発銀行の支援により、太陽光発電のロードマップを作成しており、その中で非電化地域の20万世帯を2020年までに電化することを目標としている。

非電化地域への太陽光発電の導入は、ソーラーランタン(Solar Lantern)による照明やソーラホームシステム(Solar Home System:SHS)による家電製品への対応により進められている。100Wの太陽光パネルからなるSHSは295〜460US$で販売されている。世界的な太陽光パネルの販売価格の低下により、非電化地域における普及がさらに進むことが期待される。

一方、カンボジア独自の太陽光発電の利用方法として、太陽発電三輪車(solar-powered tuk-tuks)の製造が2014年3月からカンボジア国内で開始されている。この三輪車はオーストラリアに本拠を持つ太陽光発電応用製品メーカーStar8社により開発されたもので、500Wから2.2kWの太陽光パネルを屋根や側面に備え、フルに充電すると約100km走行できる。更に蓄電池の代わりとして、家庭で電気を使うことも可能であり、非電化地域解消手段としても有用である。(2014年11月号)

 

図1

 

参考資料:
• カンボジアの再生可能エネルギー利用(新エネルギー財団トピックス2013年12月)
http://www.asiabiomass.jp/topics/1312_02.html
• Feasibility Study of Renewable Energy Options for Rural Electrification in Cambodia (REOREC)
http://www.camdev.org/uploads/1/6/7/3/16732806/reorec_task_2_report-final.pdf
• Solar-roadmap-cambodia
http://www.kamworks.com/uploads/tx_news/2011-solar-roadmap-cambodia-summary_02.pdf
• Solarenergy Cambodia ホームページ
http://www.solarenergy-sec.com/price.html
• クメールタイムズ
http://www.khmertimeskh.com/news/3663/bright-future-for-solar-powered-tuk-tuks/
• star8 ホームページ
http://www.star8.com.au/

その他のトピックス