HOME  >   トピックスアーカイブ  >  日本における焼酎粕バイオマス発電

日本における焼酎粕バイオマス発電

日本における焼酎粕バイオマス発電

九州地方では、サツマイモによるイモ焼酎の製造が盛んである。焼酎製造に伴い発生する焼酎粕は、発酵した焼酎もろみを蒸留した後に残った残渣物で、焼酎の約2倍の重量(イモ焼酎の場合)が生成される。酒粕は高濃度の有機物を含んでおり、バイオマス資源として有効に利用できる。表1に示す幾つかの焼酎メーカーは、焼酎粕、芋くず等から発生するバイオガスを焼酎工場のボイラー燃料として使うバイオマス熱利用を行ってきた。

この中でも霧島酒造では、国内初となる焼酎粕、芋くずを原料としたサツマイモ発電事業を2014年の9月に開始した。同社は2006年に焼酎粕をメタン発酵させる設備を導入し、発生したバイオガスを焼酎製造工程の加熱用熱源に使用しており、その実績により2007年に新エネルギー財団の新エネ大賞「新エネルギー財団会長賞」を受賞している。今回開始した発電は、この熱利用の設備に発電設備を追加し、発電した電力を全量九州電力に売電するもので、2012年に開始された再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用している。

この例にみられるように、焼酎粕を工場内で熱利用するだけでなく、発電事業への可能性が示されたことで、焼酎メーカーのバイオマスの有効利用がさらに進むことが期待される。

 

表1  九州における焼酎粕バイオマスエネルギー利用事業

  場所 メタン発酵設備稼働 焼酎粕処理量
西薩クリーンサンセット事業組合 鹿児島県いちき
串木野市
2001年熱利用 300トン/日
サザングリーン協同組合 鹿児島県南九州市 2002年熱利用 500トン/日
霧島酒造 宮崎県都城市 2006年熱利用
2014年発電利用
800トン/日

出典:
西薩クリーンサンセット事業組合
http://eta-gr.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2011/04/100202101850.pdf
薩摩酒造 サザングリーン協同組合
http://www.satsuma.co.jp/con-anshin-anzen.html
霧島酒造 プレスリリース
http://www.kirishima.co.jp/news/2014-08-29/

 

 

 

参考資料:
出典:
• 西薩クリーンサンセット事業組合
http://eta-gr.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2011/04/100202101850.pdf
• 薩摩酒造 サザングリーン協同組合
http://www.satsuma.co.jp/con-anshin-anzen.html
• 霧島酒造 プレスリリース
http://www.kirishima.co.jp/news/2014-08-29/
• 鹿島建設ホームページ
http://www.kajima.co.jp/news/digest/may_2013/feature/biogas/index-j.html
• 2007年度新エネ大賞
http://www.nef.or.jp/award/kako/h19/p06.html

その他のトピックス