HOME  >   トピックスアーカイブ  >  高知県における太陽熱利用の取組

高知県における太陽熱利用の取組

高知県における太陽熱利用の取組

高知県は日照に恵まれ、太陽光発電の導入が進んでいるが、新しい太陽熱給湯システムの取り組みも行われている。従来の太陽熱給湯システムは、住宅の屋根に取り付ける平板型が主であったが、新しいシステムではトラフ型と呼ばれるタイプが使われている。表1に示すようにトラフ型は今まで太陽熱発電用に開発されてきた。雨樋のような形状で、内面が鏡になっており太陽光を反射して中央のパイプに集光し、内部を流れる液体を加熱する。また、太陽の位置に応じ角度を変える追尾機能も備えている。

高知県奈半利町の介護老人保健施設「ヘルシーケアなはり」で、従来の平板型太陽熱給湯システムの老朽化の代替として、2014年2月から、米国ソポジー社のトラフ型太陽熱給湯システムが稼働した。また、経済産業省の2012年度スマートコミュニティ構想普及支援事業において、高知市の電気設備会社荒川電工を中心にトラフ型太陽熱給湯システム、電気自動車シェア、住宅用太陽光発電およびエネファームからなる防災まちづくりモデルが構築された。この経済産業省のFS事業は、高知県内の電気設備、建築業など15社で構成された高知スマートコミュニティ研究会に引き継がれるとともに、2013年4月から荒川電工により、トラフ型太陽熱給湯システムの実証試験が行われている。トラフ型太陽熱給湯システムと太陽光発電を組み合わせたシステムは高知発の新しい太陽エネルギー利用形態として期待される。

 

写真1  ソポジー社太陽熱発電システム
写真1  ソポジー社太陽熱発電システム
出典:荒川電工より提供

 

表1  トラフ型太陽熱集熱器開発メーカー例

社名 国籍 用途
ソポジー(Sopogy)社 米国 太陽熱給湯機、太陽熱発電
フラベッグ(Flabeg)社 ドイツ 太陽熱発電
日立プラントテクノロジー 日本 太陽熱利用空調システム
寺田鉄工所 日本 太陽熱給湯機、太陽熱発電

出典:日立プラントテクノロジー プレスリリース
http://www.hitachi.co.jp/products/infrastructure/news/plant/2011/pdf/20110105.pdf
寺田鉄工所HP
http://www.solars.jp/wordpress/?p=763
日本エネルギー学会 「太陽熱発電・燃料化技術」

 

参考資料:
• ヘルシーケアなはりHP
http://www.ccc-21.co.jp/hcn/eco.html
• 荒川電工 HP
http://www.araden-21.co.jp/
• 高知新聞2014/07/13版
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=322860&nwIW=1&nwVt=knd
• 新エネルギー導入促進協議会成果報告書
http://www.nepc.or.jp/topics/pdf/130327/130327_35.pdf

その他のトピックス