HOME  >   トピックスアーカイブ  >  ニュージーランドの再生可能エネルギー

ニュージーランドの再生可能エネルギー

ニュージーランドの再生可能エネルギー

ニュージーランドは、ノルウェーやアイスランドのように世界的に再生可能エネルギーの利用率が高い国であり、図1に示すように再生可能エネルギーから電力の約70%を得ている。また、歴史的に水力発電と地熱発電の開発が進んでいるが、風力発電の適地でもあるので、今後導入が進む見通しである。実際、図2の発電設備容量の推移に示すように、風力発電の実績が増加してきている。

Business innovation & employment省が2013年8月に公表した資料(図3参照)では、2040年までの再生可能エネルギー導入のための4つのシナリオが示されている。シナリオ1は自然体の場合であり、シナリオ2は地熱発電を最も増加させる場合、シナリオ3はCO2排出権価格が低位で、天然ガスが安い場合、そしてシナリオ4は、地熱発電が制約を受け、さらにCO2排出権価格が上昇する場合である。以上のシナリオで、地熱発電は、2012年の13.6%から2040年には21〜29%に増加する。また、風力発電はコスト削減が必要であるためシナリオ3では、2040年までに100MWと少なく、シナリオ4では2,700MWとなり、18%まで増加することが予測されている。(2013年12月号)

 

図1  ニュージーランドの総発電量(2012年)
図1  ニュージーランドの総発電量(2012年)
Energy in New Zealand 2013
http://www.med.govt.nz/sectors-industries/energy/energy-modelling/publications/energy-in-new-zealand-2013

 

図2  発電設備容量の推移
図2  発電設備容量の推移
出典:New Zealand energy data file 2012
http://www.med.govt.nz/sectors-industries/energy/pdf-docs-library/energy-data-and-modelling/publications/energy-data-file/energydatafile-2011.pdf/view

 

図3  2040年の電力構成
図3  2040年の電力構成
出典:New Zealand’s Energy outlook
http://www.med.govt.nz/sectors-industries/energy/energy-modelling/modelling/pdf-docs-library/electricity-insight/electricity-insight.pdf

 

参考:
• EECAホームページ
http://www.eeca.govt.nz/efficient-and-renewable-energy/renewable-energy
• Energy in New Zealand 2013
http://www.med.govt.nz/sectors-industries/energy/energy-modelling/publications/energy-in-new-zealand-2013

その他のトピックス