HOME  >   トピックスアーカイブ  >  かながわスマートエネルギー構想

かながわスマートエネルギー構想

かながわスマートエネルギー構想

2011年の黒岩祐治知事就任後、神奈川県の再生可能エネルギー導入の動きが活発化している。就任当初の「4年間で200万戸の太陽光パネル設置」の目標は、2011年10月の「かながわスマートエネルギー構想」では、55万戸に修正されたが、図12に示すように2011年度は前年度の36MWの約2倍の76MWの太陽光発電設備の導入に成功している。これまでに太陽光発電関係で以下の施策が行われている。

  1. 2011年12月にかながわソーラーバンクバンクシステムが創設され、かながわソーラーセンターが設置希望者の相談や設置プランの紹介を行うほか、協力金融機関のソーラーローンを利用可能とした。
  2. 2012年9月から「屋根貸し」を希望する民間施設と、「屋根借り」を希望する発電事業者をそれぞれ公募し、その情報を県のホームページを通じて公表することにより、太陽光発電設備の導入協議を促進する屋根貸しマッチング事業を開始した。
  3. メガソーラー誘致のために、市町から情報提供のあった12ヶ所の土地の基礎調査を実施し、その結果を平成24年2月に公表した。その結果、図3に示す5ヶ所について事業者が決定し設置準備が進んでいる。県が初めて事業者となったメガソーラーである愛川ソーラーパークは2013年5月に発電を開始した。

さらに神奈川県では、 再生可能エネルギーの導入等の促進に関する条例の2014年4月の施行に向けて、かながわスマートエネルギー構想を見直し中で、水素を利用する燃料電池や、天然ガスを使って発電するガスコジェネレーションシステムを含めた「分散型電源」の割合を2010年の9.7%から2030年には45%に増やす目標を設定している。

 

図1 神奈川県太陽光発電導入実績
図1 神奈川県太陽光発電導入実績
出典:神奈川県内の再生可能エネルギー等発電量の推計
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p657273.html
かながわソーラープロジェクト研究会最終報告書(案)
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/428936.pdf
から作成

 

図2 神奈川県太陽光発電累積導入実績
図2 神奈川県太陽光発電累積導入実績
出典:神奈川県内の再生可能エネルギー等発電量の推計
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p657273.html
かながわソーラープロジェクト研究会最終報告書(案)
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/428936.pdf
から作成

 

図3 神奈川県によるメガソーラー設置事業
図3 神奈川県によるメガソーラー設置事業
出典:愛川太陽光発電所
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8019/p648170.html
神奈川県HP
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417320/

 

参考文献:
• かながわスマートエネルギー構想HP
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f300183/
• かながわソーラーセンターHP
http://kanagawasolarcenter.com/
• 屋根貸しマッチング事業HP
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f421164/

その他のトピックス