HOME  >   トピックスアーカイブ  >  日本における木質炭化燃料

日本における木質炭化燃料

日本における木質炭化燃料

木質燃料の使い方として、製材時に発生するおがくずを圧縮成形して炭化した「オガ炭」がある。炭火焼の飲食店で多用されており、焼肉チェーン店等では旺盛な需要がある。

しかし、日本国内での生産は減少しており、中国やマレーシア等からの輸入が大勢を占めている(図1)。

近畿大学は、炭のような単なる熱源では無く、鋳物製造時や溶解炉等に銑鉄と一緒に投入する際に圧破されない強度が(石炭コークス20MPaが基準)必要とされる、石炭コークスの代替となるバイオコークスを開発している。木材をはじめとする植物由来バイオマスを原料として、高圧で圧縮成形中に、低温(約200℃)で加熱することで、植物由来廃棄物が持つリグニン、セルロース、ヘミセルロースを架橋(高分子化)させて強度を発現させる。

製鉄用コークスや鋳物用コークス等の石炭コークスを10〜20%代替が可能とされ、青森県や秋田県横手市森林組合、大阪府森林組合、和歌山バイオマス資源活用推進協議会が実証試験や実用化を進めている。

 

図1 日本国内のオガ炭生産量及び輸入量
図1 日本国内のオガ炭生産量及び輸入量
出典:特用林産基礎資料より作成
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/tokuyou_rinsan/

 

参考:
• 近畿大学バイオコークスプロジェクト
http://www.kindai.ac.jp/bio-coke/
• H23年度 新エネ大賞
http://www.nef.or.jp/award/kako/h23/p03.html
• 知恵の輪ニッポン
http://yumen.chicappa.jp/coip/modules/wordpress/index.php?p=87
• 青森県 バイオコークスを用いたごみ焼却用直接溶融炉での実証試験
http://www.pref.aomori.lg.jp/release/files/2011/34878.pdf
• 横手市 森林組合
http://hshinrin.blog14.fc2.com/blog-entry-1172.html
• 高槻市バイオコークス事業創出地域協議会
http://bio-cokes.info/index.html
• 毎日.jp
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20130919ddlk30070578000c.html

その他のトピックス