HOME  >   トピックスアーカイブ  >  パキスタンのエネルギー状況

パキスタンのエネルギー状況

パキスタンのエネルギー状況

パキスタンは日本の約2倍 (79.6万平方キロメートル) の国土面積に、1億8,071万人が暮らす国で、世界第6位の人口大国であり、実質経済成長率(GDP)は3.7%(2011年)である。

図1にパキスタンの1次エネルギー供給の内訳を示すが、供給エネルギーでは化石燃料が87%を占めている状況である。

パキスタン国内の再生可能エネルギー賦存量を表1に示すが、太陽光と風力の賦存量が比較的大きく、政府も「ALTERNATIVE AND RENEWABLE ENERGY POLICY 2011」において、2030年までに供給エネルギーの5%を代替・再生可能エネルギーに置換えることを目標としている。

再生可能エネルギー開発委員会(AEDB)によると、風況の良いシンド州で(図2)、50MW規模の風力発電所計画が16あり、アジア開発銀行等の支援を受けて進行している。太陽光発電では、日本のODAで2010年に178kWの系統連系システムが2基導入されており、2013年4月には韓国のCKソーラーがバローチスターン州に300MWのメガソーラーを設置することで覚書を交わしている。

 

図1 パキスタンの1次供給エネルギーの内訳(2010-2011)
図1 パキスタンの1次供給エネルギーの内訳(2010-2011)
出典:Pakistan Energy Year Book より作成

 

表1 パキスタンの再生可能エネルギー賦存量

再生可能エネルギー 賦存量(MW)
風力発電 346,000
太陽光発電 2,900,000
バイオマス・廃棄物発電 4,000
小水力発電 4,500
地熱発電 2,000

出典:「ALTERNATIVE AND RENEWABLE ENERGY POLICY 2011」及び「パキスタンにおける
エネルギー危機とエネルギーの保全について」より作成
http://www.aedb.org/midtermpolicy.htm
http://www.fukuoka.unhabitat.org/kcap/activities/egm/2010/pdf/Pakistan.pdf

 

図2 風力発電候補地
図2 風力発電候補地
出典:Alternative Energy Development Board(AEDB)ホームページより作成
http://www.aedb.org/currstatus.htm

 

参考:
• Hydrocarbon Development Institute of Pakistan
http://hdip.com.pk/index.php
• Mid term policy 2011
http://www.aedb.org/midtermpolicy.htm
• Current status of project(Wind)-AEDB
http://www.aedb.org/currstatus.htm
• アジア開発銀行
http://www.adb.org/news/adb-2
• 一般財団法人日本国際協力システム
http://www.jics.or.jp/jigyou/musho/environment/pakistan_201208.html
• PV magazine
http://www.pv-magazine.com/news/details/beitrag/pakistan-and-ck-solar-korea-to-develop-300-mw-park_100010805/#axzz2dLIPqYcn

その他のトピックス