HOME  >   トピックスアーカイブ  >  バングラデシュの太陽光発電

バングラデシュの太陽光発電

バングラデシュの太陽光発電

バングラデシュ電力・エネルギー・鉱物資源省よると、2009年1月6日の発電量は3,267MWで、国内需要の5,200MWに対して深刻な電力不足であった。このため、政府は2017年までに16GWの発電能力増強計画を立てている(図1)。

バングラデシュは資源として天然ガスや石炭が採掘されるものの、電力需要に対して不足の懸念があることと、エネルギーセキュリティの観点から天然ガスに偏った電力供給(図2)を解消することを目指して、総発電量に占める再生可能エネルギーを2015年までに5%、2020年までに10%に高めようとしている。

世界銀行の融資によるソーラーホームシステム(SHS)の導入が顕著な効果を上げている。バングラデシュの電化率は2008年において41%となっているが、農村部では28%と低い。電化されていない農村部へ50Wの太陽光発電システムを導入するこのプロジェクトは2002年から始まり、2012年の6月には累計200万件の導入を果たしている。

バングラデシュ政府としては2015年までに太陽光発電で25MW、風力発電で235MWの導入を計画しているが、アジア開発銀行のサポートを受けた民間部門の参入としてSHS等の導入で200MWを期待している。

 

図1 バングラデシュの発電能力増強計画
図1 バングラデシュの発電能力増強計画
出典:電力・エネルギー・鉱物資源省ホームページより作成
http://www.powerdivision.gov.bd/user/brec/85/85

 

図2 発電エネルギー源比率(2009年)
図2 発電エネルギー源比率(2009年)
出典:電力・エネルギー・鉱物資源省ホームページより作成
http://www.powerdivision.gov.bd/user/brec/49/90

 

参考:
• 外務省 バングラデシュ基礎データ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bangladesh/data.html
• 日本貿易振興機構(JETRO)世界貿易投資報告:バングラデシュ編
http://www.jetro.go.jp/world/gtir/2012/pdf/2012-bd.pdf
• 日本貿易振興機構(JETRO)BOPビジネス潜在ニーズ調査報告書
http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07000735/bd_bop_energy.pdf
• Global Times
http://www.globaltimes.cn/content/789684.shtml#.UfZHn9KGEmM
• 世界銀行
http://www.worldbank.org/projects/P071794/rural-electrification-renewable-energy-development?lang=en&tab=overview

その他のトピックス