HOME  >   トピックスアーカイブ  >  バイオガスシステムによる生活環境の改善

バイオガスシステムによる生活環境の改善

バイオガスシステムによる生活環境の改善

焚火など伝統的なバイオマスを使用して調理している人々は発展途上国を中心に30億人いると言われている。アジアだけでも20億人近くが伝統的バイオマスを利用しており、人口の95%に達する国もある(図1)。室内で調理をすることよって発生する煙は肺疾患等の健康被害を引き起こしている。

国際連合は“Sustainable Energy for All Initiative”において、2030年までにすべての人がエネルギーを使えるようにすることを目標としており、オランダの非政府組織(NGO)のSNVは、世界銀行やアジア開発銀行、各国の政府開発援助(ODA)の資金援助により、「アジア バイオガス プログラム」を実施している。小型のメタン発酵システムを家庭に導入し、家畜糞尿や生ごみ等からバイオガスを発生させ、ガスコンロ等の燃料とするもので、ブータンやバングラデシュ、パキスタン、ラオス、カンボジア、ベトナム、ネパール等の国に2012年までに185,000基を導入している。このような活動により、生活環境の改善だけでなく、燃料とするための森林の伐採等も抑えられると期待されている。

 

図1 調理用エネルギー源を伝統的なバイオマスに依存している人口比率
図1 調理用エネルギー源を伝統的なバイオマスに依存している人口比率
出典:GLOBAL ALLIANCE FOR CLEAN COOKSTOVESホームページより作成
http://www.cleancookstoves.org/countries/asia/

 

参考:
• 国際連合
http://www.un.org/wcm/content/site/sustainableenergyforall/home/Initiative
• SUSTAINABLE ENERGY FOR ALL
http://www.sustainableenergyforall.org/
• SNV Asia Biogas Programme
http://www.snvworld.org/en/sectors/renewable-energy/about-us/snv-energy/domestic-biogas/asia-biogas-programme
• SNV Sector positioning paper
http://www.snvworld.org/sites/www.snvworld.org/files/publications/snv_sector_positioning_paper_-_renewable_energy_-_8pages.pdf
• アジア開発銀行 Energy for All Initiative
http://www.adb.org/sectors/energy/programs/energy-for-all-initiative
• アジア開発銀行 "Promote Access to Clean Cooking in Asian Developing Countries"
http://www.nepalcookstoves.org/doc/1373471423CCMP-E4ALL-Clean%20Cooking-201307-Xia.pdf
• ODA(政府開発援助)とNGO
http://www.iti.or.jp/kikan55/55nagasaka.pdf
• RENEWABLES 2013 GLOBAL STATUS REPORT
http://www.ren21.net/

その他のトピックス