HOME  >   トピックスアーカイブ  >  インドの太陽光発電設置状況

インドの太陽光発電設置状況

インドの太陽光発電設置状況

インドにおいて電力不足は、深刻な問題であり、8〜9%のピーク電力不足により、数時間の停電が発生している。特に南部の州では2013年1月には16%の不足に達している。一日当たり、長時間かつ強い日照が得られるインドでは、太陽エネルギーはこのような状況に対応できる有望なエネルギーである。図1にインドの日射量の分布を示す。日本の鹿児島の日射量が3.7(kWh/m2/日)であるのに対し、5.0〜6.0(kWh/m2/日)の地域が多い。

インド政府は、2009年に太陽光発電の施策として「JNNSM(Jawaharlal Nehru National Solar Mission;ジャワハルラル・ネルー・ナショナル・ソーラー・ミッション」を定めた。図2に示すように3つのフェーズに分けて目標を設定している。図3に示すように、2012年度に約750MWの系統連系された太陽光発電が設置され、累積設備容量で約1,690MWとなった。目標の2,000MWには及ばなかったが、JNNSMのほかに州政府によるプロジェクトもあり、導入は加速されつつある。導入はタール砂漠のある西部のGujarat州とRajasthan州に集中している。導入普及策として、事業者が買取価格を入札する方式の固定価格買取制度が行われている。最も低い買取価格の事業者が落札し設備導入するが、2013年4月以降のフェーズ兇任蓮行き過ぎた低価格になり事業が破綻しないような対策も盛り込まれる予定である。

インドの電化率は75%であり、人口では2.9億人が非電化地域(大半が農村部)に住んでいる。そのため他の国ではほとんど例がない非系統連系太陽光発電の目標値が定められている。2012年度には、非系統連系の太陽光発電は約35MW設置され、累積で約125MWとなった。

 

図1 インドの日射量分布と太陽光発電累積設置容量上位5州
図1 インドの日射量分布と太陽光発電累積設置容量上位5州
(出典:インド再生可能エネルギー省ホームページ;http://mnre.gov.in/sec/solar-assmnt.htm

 

図2 JNNSM(ジャワハルラル・ネルー・ナショナル・ソーラー・ミッション)の目標値
図2 JNNSM(ジャワハルラル・ネルー・ナショナル・ソーラー・ミッション)の目標値
(出典:インド再生可能エネルギー省ホームページ;
http://www.mnre.gov.in/file-manager/UserFiles/mission_document_JNNSM.pdf

 

図3  JNNSMフェーズ機2010-2013)の実績累積設備容量
図3  JNNSMフェーズ機2010-2013)の実績累積設備容量 
(出典:インド再生可能エネルギー省ホームページ;http://mnre.gov.in/mission-and-vision-2/achievements/

 

参考文献:
• インド再生可能エネルギー省ホームページ
http://www.mnre.gov.in/file-manager/UserFiles/mission_document_JNNSM.pdf
http://mnre.gov.in/mission-and-vision-2/achievements/
http://mnre.gov.in/sec/solar-assmnt.htm

• NEDO
太陽光発電フィールドテスト事業に関するガイドライン 設計施工・システム編

• RENEWABLES 2012 GLOBAL STATUS REPORT
http://www.ren21.net/REN21Activities/GlobalStatusReport.aspx

• PVマガジンホームページ
http://www.pv-magazine.com/news/details/beitrag/india--solar-cheaper-than-grid-power_100010792/#axzz2YQlK484p
http://www.pv-magazine.com/news/details/beitrag/new-solar-policies-in-india-expected-to-increase-demand-help-improve-margins-_100010951/#axzz2YG0QBqe

その他のトピックス