HOME  >   トピックスアーカイブ  >  2012年の中国風力発電新規導入量は世界2位

2012年の中国風力発電新規導入量は世界2位

2012年の中国風力発電新規導入量は世界2位

一年間で新規に導入する年間新規導入量は、2009年に中国が米国を抜いて、世界1位の導入量を誇っていたが、2012年は米国が1位に復帰し、164MWの差で中国は2位となった。中国自体の導入量は、増加し続けているが、導入の比率が高い東北の省における導入量がある程度進んだことから、元々電力需要がさほど大きくないこと、需要地まで送る系統電力線の容量不足、発電量の変動に対する対応力不足のため、風力発電建設が減速したためである。図1に2012年の世界の風力発電新規導入量および図2に累積設備導入量の世界ランキングを示す。また、図3に中国の風力発電設備容量の推移を示す。前年比増加率は年々小さくなっている。さらに、図4、5には上位12行政区分の風力発電新規導入量と設置容量推移を示す。

発電事業者と送電事業者への政策調整が必要な局面にあるが、11次5カ年計画の2015年までに100GWの目標達成のために今後も導入が進むと考えられる。東北部の他に沿岸部に対しては洋上風力発電の導入も計画されている。

 

図1 世界の風力発電新規導入量(2012年)
図1 世界の風力発電新規導入量(2012年)
出典:http://www.gwec.net/publications/global-wind-report-2/

 

図2 世界の累積設備容量ランキング(2012年、単位MW)
図2 世界の累積設備容量ランキング(2012年、単位MW)
出典:http://www.gwec.net/publications/global-wind-report-2/

 

図3 中国の風力発電設備容量推移
図3 中国の風力発電設備容量推移
出典:http://www.gwec.net/publications/global-wind-report-2/
2009〜2012年のレポートから作製

 

図4 上位12行政区分の新規風力発電導入量(2012年)
図4 上位12行政区分の新規風力発電導入量(2012年)
出典:http://www.gwec.net/wp-content/uploads/2012/06/Annual_report_2012_LowRes.pdfより作製

 

図5 上位12行政区分の設置容量推移
図5 上位12行政区分の設置容量推移
出典:http://www.gwec.net/wp-content/uploads/2012/06/Annual_report_2012_LowRes.pdf
http://gwec.net/wp-content/uploads/2012/06/Annual_report_2011_lowres.pdf から作製

 

参考資料:
• 世界風力発電協会ホームページ
http://www.gwec.net/publications/global-wind-report-2/
• China Wind Power info networkホームページ
http://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=en&prev=hp&rurl=translate.google.com&sl=zh-CN&tl=en&u=http://www.cnwp.org.cn/fenxi/show.php%3Fitemid%3D1673&usg=ALkJrhgKezGyFOM3kZ95Wh1nEngg7CuxJw

その他のトピックス