HOME  >   トピックスアーカイブ  >  韓国の新・再生可能エネルギー普及政策

韓国の新・再生可能エネルギー普及政策

韓国の新・再生可能エネルギー普及政策

韓国では、2008年に「第3次新・再生エネルギー技術開発および普及の基本計画(The 3rd National Basic Plan for NRE Technology Development and Deployment)」が策定された。この計画では、2030年に1次エネルギーの11%を「新・再生エネルギー」で賄うことを目標とし、さまざまな施策が展開されている。

新エネルギーと再生可能エネルギーは、次の様な分野としている。

  • 新エネルギーは、燃料電池、石炭液化・ガス化、水素の3分野
  • 再生可能エネルギーは、太陽光、太陽熱、バイオ、風力、水力、海洋、廃棄物、地熱の8分野

この中で、特に廃棄物燃焼の熱利用とバイオエネルギーの導入目標比率が大きい。年間伸び率では、海洋(49.6%)、地熱(25.5%)、太陽熱(20.2%)が大きく設定されており、重視されている。

現在、施策として次の3つが行われている。

  1. グリーンホーム100万戸プログラム(1 million green home program)
    2020年までの予定で、太陽光、太陽熱、小型風力などさまざまなエネルギー源を家庭に導入する「グリーンホーム100万戸プログラム(1 million green home program)」が行われている。
    政府は、導入において補助金を支給する。
  2. 補助金制度
    地域特有の再生可能エネルギー源を利用する場合は、インフラストラクチャー(導入設備)として100%補助、それ以外の新・再生エネルギー導入には70%を上限とした補助が行われている。
  3. RPS(renewable portfolio standard)制度
    2003年から行われてきた固定価格買取制度は、RPS制度に2012年から移行し、13の電力会社が発電量2%相当の再生可能エネルギーを購入する義務を持つことになった。


表 エネルギー別導入目標 (単位 原油換算千トン)

2008 2010 2015 2020 2030 年増加率
(%)
太陽熱 33 40 63 342 1,882 20.2
太陽光 59 138 313 552 1,364 15.3
風力 106 220 1,084 2,035 4,155 18.1
バイオ 518 987 2,210 4,211 10,357 14.6
水力 946 972 1,071 1,165 1,447 1.9
地熱 9 43 280 544 1,261 25.5
海洋 0 70 393 907 1,540 49.6
廃棄物 4,688 5,097 6,316 7,764 11,021 4
再生可能エネルギー合計 6,360 7,566 11,731 17,520 33,027 7.8
1次エネルギーに占める
再生可能エネルギーの割合 (%)
2.58 2.98 4.33 6.08 11  

出典:エネルギー管理公社(Korea energy management corporation)ホームページを元に作成
http://www.kemco.or.kr/new_eng/pg02/pg02040500.asp

 

図 エネルギー別導入目標
図 エネルギー別導入目標

 

表 グリーンホーム100万戸プログラム計画

  2004〜2007年 2008〜2012年 2013〜2020年
目標戸数 17,400 94,150 913,000
累積戸数 17,400 111,500 1,024,550
投資額(100万ウォン) 2,280 13,300 137,530

1ウォン≒0.081円

出典:エネルギー管理公社(Korea energy management corporation)ホームページ
http://www.kemco.or.kr/new_eng/pg02/pg02040602.asp

 

参考文献:
• エネルギー管理公社ホームページ
http://www.kemco.or.kr/new_eng/main/main.asp
• 韓国エネルギー経済研究院ホームページ
http://www.keei.re.kr/main.nsf/index_en.html
• windpowermonthlyホームページ
http://www.windpowermonthly.com/news/1109867/Government-kicks-off-renewables-plan/

その他のトピックス