HOME  >   トピックスアーカイブ  >  2020年に電力向け木質ペレット需要288万トン(韓国)

2020年に電力向け木質ペレット需要288万トン(韓国)

2020年に電力向け木質ペレット需要288万トン(韓国)

韓国は、国内消費エネルギーの97%を海外からの石油、天然ガス、石炭の輸入に依存しており、再生可能エネルギーの全消費エネルギーに占める割合は、わずか2%(2012年)でしかない。CO2排出削減と、化石燃料の過度の海外依存を改めるため、政府は、再生可能エネルギーの割合を2020年に6.1%、2030年に11.5%まで高める方針を打ち出している。

更に、政府は再生可能エネルギーによる発電電力を、一定割合利用することを電力事業者に義務付ける制度(RPS: Renewable Portfolio Standard)の導入を決め、その割合を2012年には2%、2020年には10%に拡大する。

再生可能エネルギーの中で、最も力を入れているものの一つが木質ペレットの利用である。国土の63%は森林で木質バイオマスが豊富なこともあり、政府は2009年に国内11ヶ所ペレット製造工場、2011年には22ヶ所のペレット製造工場の建設計画を示した。木質ペレットの国内需要予想は、2011年に40万トン、2012年には75万トンであったが、2020年には発電用ペレットの需要は288万トンに達し、全体の需要量は500万トンに急増する見込みである。韓国国内の木質ペレットの供給能力は、2011年時点で100万トンしかなく、2020年には、残りの400万トンは輸入で賄うとしている。

韓国の木質ペレットの輸入は、2008年に約7,000トン、2009年に約1.2万トン、2010年には約2.1万トンと確実に増え続け、輸入元も中国、ベトナム、マレーシア、チリ、カナダ、インドネシアと増えてきている。今後の需要増に対応し、韓国内のペレット利用会社は、オーストラリア、フィリピン、米国からも木質ペレットの輸入を検討している。


表  木質ペレット需要予想(単位:万トン)

  2011年 2012年 2020年
一般家庭 13 22 84
ボイラー(工業用) 25 50 125
ボイラー(公共用) 2 3 3
発電 288
合計 40 75 500

出典:Wood Pellet Market Development in South Korea
(http://www.pellet.org/linked/2011-05-11%20chris%20lee.pdf)


表  木質ペレット供給(単位:万トン)

  2011年 2012年 2020年
国内生産 20 40 100
輸入 20 35 400
合計 40 75 500

出典:Wood Pellet Market Development in South Korea
(http://www.pellet.org/linked/2011-05-11%20chris%20lee.pdf)

 

図 木質ペレット需要予想(韓国)
図  木質ペレット需要予想(韓国)

 

図 木質ペレット供給(韓国)
図  木質ペレット供給(韓国)

 

参考:
• http://www.reeep.org/index.php?id=9353&text=policy-db&special=viewitem&cid=151
• http://www.bloomberg.com/news/2012-07-20/korea-southern-power-to-buy-wood-pellets-for-renewables-quota.html
• http://forestindustry.com/feature-article/200/south-korea-and-japan-will-become-large-importers-pellets-and-energy-chips-comin
• http://www.cmtevents.com/eventposts.aspx?feedid=1461&ev=120935&

その他のトピックス