HOME  >   トピックスアーカイブ  >  中国は水力発電設備で世界一位

中国は水力発電設備で世界一位

中国は水力発電設備で世界一位

2011年の世界の水力発電設備容量は970GWで、この内中国は212GWと22%を占め、世界第一位の水力発電設備を有している。更に、2011年の新規設置容量(25GW)の50%である12.3GWを、中国は新設し、世界一位であった。

中国政府は、第12期5ヵ年計画において、2015年までに水力発電として300GW設置することを目標としている。また、2012年7月には、三峡発電所における大型発電ユニット32基の、最後の1基(0.7 GW)が稼動を開始し、総発電量22.5GWの世界最大の水力発電所が完成した。完成に約10年を要した大プロジェクトであった。

一方、中国では僻地に住む約500万人が、まだ電力系統にアクセスできていない。これには、他の発電方式や送電線を新たに敷設するよりも、地域の河川を利用した経済的なピコ水力(5kW未満)とミニ水力(4MW以下)の導入が検討されている。特にピコ水力は、中国での従来の火力発電(石炭が主流)よりも発電コストが小さく、かつ風力、太陽光、ディーゼルによる発電コストよりも安い。

図 世界の水力発電設備容量(2011年)
図  世界の水力発電設備容量(2011年)
出典:Renewables 2012 Global Status Report
(http://www.ren21.net/)

図 2011年世界の新設水力発電設置容量
図  2011年世界の新設水力発電設置容量
出典:Renewables 2012 Global Status Report
(http://www.ren21.net/)

図 中国における発電コスト(赤線は、従来の火力発電:石炭火力が主流)
図  中国における発電コスト(赤線は、従来の火力発電:石炭火力が主流)
出典:UNDP report  Self-support development of micro-hydro power for village community
http://www.growinginclusivemarkets.org/media/cases/China_Microhydro_2011.pdf

 

参考文献:
• BBC News China 2012/7/5  China’s Three Gorges Dam reaches operating peak
(http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-china-18718406)

その他のトピックス