HOME  >   トピックスアーカイブ  >  太陽光発電生産で世界第1位の中国

太陽光発電生産で世界第1位の中国

太陽光発電生産で世界第1位の中国

2011年に新たに設置された太陽光発電は29,665MWで、中国は2,200MWを設置し、イタリア、ドイツに次いで世界第3位であった。一方、太陽電池の生産量で見ると、2011年には全世界で32,099MWの生産があり、この内中国が約15,000MWで47%を占め、生産国としては世界第1位であった。世界のトップ15の製造企業のうち9社が中国企業である。

中国企業はその低価格を武器に、2010年には生産量の95%程度を欧州、米国に輸出したが、2011年には輸出比率が83.3%となり減少した。これは、

  • 2011年8月に、中国全土でFIT制度が開始され、設置が増加した
  • 欧州のFIT制度の見直しに伴い、欧州での導入が減速した

のがその理由である、今後、中国政府は再生可能エネルギー導入を強力に推進しており、中国が年間の太陽電池設置において、イタリア、ドイツを抜いて世界最大の市場となる可能性がある。

 

図 太陽電池製造企業マーケットシェア(2011)
図  太陽電池製造企業マーケットシェア(2011)
出典:Renewables 2012 Global Status Report
(http://www.ren21.net)

 

図 太陽光発電設置容量:合計29,665MW(2011年設置、単位MW)
図  太陽光発電設置容量:合計29,665MW(2011年設置、単位MW)
出典:EPIA Global Market Outlook for Photovoltaics until 2016、May 2012
(http://files.epia.org/files/Global-Market-Outlook-2016.pdf)

 

参考:
· IEA PVPS T14 5th Expert Workshop country Reporet China
http://www.iea-pvps.org/index.php?id=15
· NEDO 平成23年度成果報告書 「太陽エネルギー技術開発 太陽光発電システム次世代高性能技術の開発 IEA PVPSプログラム タスク1の活動に関わる国際協力事業.」
· NEDO 平成23年度成果報告書 「太陽エネルギー技術開発 太陽光発電システム次世代高性能技術の開発 IEA PVPSプログラム タスク8の活動に関わる国際協力事業」
· 産総研太陽光発電工学研究センター成果報告会資料 (2012年5月)

その他のトピックス