HOME  >   トピックスアーカイブ  >  平成23年度アジア・バイオマスエネルギー協力推進事業に係る報告会が開催

平成23年度アジア・バイオマスエネルギー協力推進事業に係る報告会が開催

2012年3月1日、大手町サンスカイルームで「平成23年度アジア・バイオマスエネルギー協力推進事業に係る報告会」が開催され、報告会とマッチング情報交換会が行われた。国内及び東南アジアの研究機関、大学、バイオマスエネルギー関連企業からの参加者は100名を超え、特に海外からは、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、カンボジア、フィリッピン6カ国から14名が参加した。

報告会の午前は、アジアにおけるバイオマスエネルギー関連の「国際協力」、「国際事業」、「バイオマス研究開発とアジアネットワーク」および「情報発信事業」について、資源エネルギー庁、新エネルギー・産業技術総合研究所(NEDO)、日本エネルギー経済研究所、産業技術総合研究所、新エネルギー財団が報告した。

午後は、新エネルギー財団(NEF)による「アジア・バイオマスエネルギー招聘研究成果とその実用化について」の報告があった。今回は、

  • NEF招聘研究者が研究成果のシーズ技術を、
  • 民間企業(山本粉炭工業、JFEエンジニアリング、関西電力)がこれらシーズ技術の実用化に向けての取り組み

を発表した。

続いて、「バイオマスエネルギー研究人材育成事業」に参画したインドネシアとベトナムの研究者による「研究成果」の発表と、日本側の招聘研究者の受け入れ機関である産業技術総合研究所と成蹊大学が、「バイオマス研究成果を今後どう展開していくか」についての発表があった。

引き続き行われた「マッチング情報交換会」では、バイオマスに関する研究シーズ/ニーズのマッチングを目的とした、産・官・学の情報交換を行なった。そして、現在日本に残っている招聘研究者に対して修了証書授与式が行われ、新エネルギー財団の近藤会長から、一人ひとりに修了書が手渡された。既に帰国した招聘研究者には、別途送付される。

 

写真 資源エネルギー庁省新部政策課三浦国際室長の開会挨拶
写真 資源エネルギー庁省新部政策課
三浦国際室長の開会挨拶
  写真 新エネルギー財団 伊藤副会長の開会挨拶
写真 新エネルギー財団 伊藤副会長の開会挨拶

 

写真 報告会風景
写真 報告会風景

 

写真 活発な意見交換会
写真 活発な意見交換

 

写真 修了証書と感謝状を手にした各国からの招聘研究者と後援者(右から4 人目がNEF近
写真 修了証書と感謝状を手にした各国からの招聘研究者と後援者
(右から4人目がNEF近藤会長)

その他のトピックス