HOME  >   トピックスアーカイブ  >  バイオエタノール製造に大幅な省エネ効果実現

バイオエタノール製造に大幅な省エネ効果実現

バイオエタノール製造に大幅な省エネ効果実現

2012年2月2日、東京大学と新日鉄エンジニアリング蠅蓮◆屮丱ぅエタノール製造の蒸留工程のエネルギーを85%減らせる技術を開発した」と発表した。東京大学生産研究所の堤敦司教授が提唱する「自己熱再生」の理論をバイオエタノール蒸留プロセスに適用し、新日鉄エンジニアリング 北九州環境技術センター内にある実証実験装置で省エネ効果を確認した。「自己熱再生」の理論を実証したのは世界初である。

「自己熱再生」は、製造プロセスで発生する蒸気を圧縮して高温にアップグレードし、再び熱源として使えるようにするもので、一切加熱する必要が無い。熱エネルギーを循環利用することで、燃料が不要となり大幅な省エネ効果が達成できる。

バイオエタノール製造において、蒸留工程で消費するエネルギーは全体の50%以上を占め、省エネが大きい課題となっていた。「自己熱再生」の技術により、エタノール製造で消費するエネルギーが従来の50%以下で済み、製造コストの大幅削減の期待できる。

「自己熱再生」は、蒸留、濃縮、蒸発、乾燥などにも適用でき、東京大学生産技術研究所はこの技術の普及促進を他の分野にも展開していく。新日鉄エンジニアリング蠅呂海寮果を基に、国内・海外でのバイオマス事業を強化させる方針だ。

 

図 バイオエタノール製造の消費エネルギー
図  バイオエタノール製造の消費エネルギー

 

参考:
• 新日鉄エンジニアリングプレスリリース
  (http://www.nsc-eng.co.jp/news/detail/131)
• 自己熱再生理論を用いた省エネ蒸留プロセス実証試験(東京大学、新日鉄エンジニアリング)
  (http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/publication/topics/2012/20120202press2.pdf)

その他のトピックス