HOME  >   トピックスアーカイブ  >  微細緑藻(ボトリオコッカス)バイオ燃料の実用化が近づく(日本)

微細緑藻(ボトリオコッカス)バイオ燃料の実用化が近づく(日本)

微細緑藻(ボトリオコッカス)バイオ燃料の実用化が近づく(日本)

菜種、パーム、ジャトロファからの植物油や微細藻類の多くが生産する油は、「トリグリセリド(植物性オイル)」であるのに対して、微細緑藻Botryococcus braunii(ボトリオコッカス・ブラウニー)が生産する油は、石油に近い「炭化水素(石油系オイル)」である。ボトリオコッカスが生産する「炭化水素」からは、今の石油化学工場の設備をそのまま利用して、ガソリンやディーゼル油が生産できるという、大きいメリットがある。

このボトリオコッカスは光とCO2を利用して、1年間で1ヘクター当り、およそ100トンもの大量の液状炭化水素を生産し、植物よりも10倍〜数百倍の油生産能力を持っている。日本では、このボトリオコッカスからバイオ燃料生産実用化に向けた開発が加速してきた。

DIC蝓並臚本インキ化学工業)は、2011年8月に「筑波大学と共同でボトリオコッカスの大量生産技術を開発する」と発表した。筑波大(渡邉信教授)は藻から油を抽出、精製してバイオ燃料化する技術を確立しており、DIC蠅老鮃食品向けの藻の一種「スピルリナ」を、年800トン生産する世界最大のメーカーである。バイオ燃料の実用化にはコスト低減が課題であり、共同研究で実用化を目指す。

東京大学は2011年7月に、「ボトリオコッカスが炭化水素生産に関わる酵素遺伝子の特定に成功した」と発表した。岡田茂准教授らは、ボトリオコッカスが「なぜ」、「どのように」炭化水素を生産し、細胞外へ放出するメカニズムを研究してきた。この成功は、より生産性の良いボトリオコッカスの改変も可能であり、バイオ燃料生産の実用化に大きく貢献できる。

 

図  ボトリオコッカスが炭化水素を生産
図  ボトリオコッカスが炭化水素を生産
出典:ボトリオコッカスの写真は筑波大学 渡邉信教授のホームページから
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~makoto/japanese/project_ja.html

 

参考:
筑波大 渡邉信教授ホームページ(http://www.tsukuba.ac.jp/notes/001/index.html
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~makoto/
http://www.tsukuba.ac.jp/notes/001/index.html
DIC プレスリリース(http://www.dic-global.com/ja/release/pdf/20110816_01.pdf
http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2011/08/15-3160.html
http://www.dlt-spl.co.jp/business/spirulina/

その他のトピックス