HOME  >   トピックスアーカイブ  >  シンガポールで世界最大級のバイオディーゼル生産が間もなく開始

シンガポールで世界最大級のバイオディーゼル生産が間もなく開始

シンガポールで世界最大級のバイオディーゼル生産が間もなく開始

エネルギー資源を持たないシンガポールでは、一次エネルギーの生産はほとんど無く100%輸入に頼っている。エネルギー減として利用しているのは石油と天燃ガスである。2008年のシンガポールの一次エネルギー供給量は、約1,950万トン(石油換算)で、その内、石油が64%を占めている。

シンガポールは、ヒューストン、ロッテルダムに次いで世界第3位の一大石油精製拠点でもある。産油地と消費地との中間に製油所を建設し、市場の需要に応じて製品を供給する中間地精製基地として、1960 年代に急速に発展した。原油を輸入して自国で精製し、船舶・航空機の燃料として供給している。最近では、インドネシア、マレーシアの委託精製の比重が高まっている。

フィンランドの石油会社Neste Oil Corpは、2010年10月6日に「シンガポールにおいて、パーム油を主原料とするバイオディーゼル 燃料の生産を間もなく開始する」と発表した。バイオディーゼル製造のプラントは、2008年前半に建設が開始され、年間80万トンの生産能力を持つ、世界最大級のバイオディーゼル製造工場である。

製造プロセスは、Neste Oil Corp が開発したNExBTL(Next Generation Biomass to Liquid Diesel)で、パーム油を水素と触媒を用いて分解して、酸素を含まないパラフィン(CnH2n+2)とする。建築費は5.5億ユーロ(約600億円)であった。建設されたのは、シンガポールの南西部に位置するTuas Industrial Zoneで、港湾、貯蔵等のインフラが既に整備されており、これらインフラは生産されたバイオディーゼルの物流に活用できる。

バイオディーゼル原料は、パーム油で隣国のマレーシア、インドネシアから調達する。シンガポールで製造されたバイオデーゼルはEU、北米に輸出され、将来は日本や韓国への供給も視野に入れている。


表 シンガポールの一次エネルギー供給量 2008年(単位 石油換算 百万トン)

  石油および
石油製品
天然ガス 合計
国内生産 0 0 0
輸入 126.957 6.992 133.949
輸出 -78.107 0 -78.107
船舶・航空燃料供給 -36.371 0 -36.371
一次供給 12.479 6.992 19.471

 

図 シンガポールの一次エネルギー供給量 2008年
図 シンガポールの一次エネルギー供給量 2008年

 

図 NExBTL法によるバイオディーゼル製造
図 NExBTL法によるバイオディーゼル製造

 

図 世界最大級のバイオディーゼル工場を持つシンガポール
図 世界最大級のバイオディーゼル工場を持つシンガポール

参考:
IEA(International Energy Agency)ホームページ:http://www.iea.org/
Neste Oil Corpホームページ:http://www.nesteoil.com/

その他のトピックス