HOME  >   トピックスアーカイブ  >  オーストラリアはバイオ燃料製造を5年間で2.4倍へ

オーストラリアはバイオ燃料製造を5年間で2.4倍へ

オーストラリアはバイオ燃料製造を5年間で2.4倍へ

2007年のオーストラリアの一次エネルギー供給は、約1億3,300万トン(石油換算)で、この内石炭が6,000万トンで全体の45%を占め最も多い。バイオマス・廃棄物は537万トンであり、全体の4%である。

2009年 の全世界のCO2排出量は308億トンで、その内のオーストラリアはわずか1.4%の4.3億トンに過ぎないが、国民一人当たりのCO2排出量は、先進国ではオーストラリアが米国を抜いて2009年に世界一となった。一人当たりのCO2排出量は、オーストラリアが20.5トン 、米国が19.7トン である。この事を受けてオーストラリア政府は、地球温暖化問題、環境問題に積極的に取り組む方針を示し、再生可能エネルギー利用を進めている。

再生可能エネルギーの中で、特に注目されているのがバイオ燃料である。2010年には、バイオエタノール35万kℓ(キロリットル)、バイオディーゼル28.6万kℓのあわせて、63.6万 kℓが製造される見込みである。更に2015年には、バイオエタノール91万kℓ、バイオディーゼル60.9万 kℓの合計151.9万 kℓが製造される計画があり、バイオ燃料の製造は今後5年間で約2.4倍に増加する。

バイオエタノールの原料は、サトウキビや小麦で、バイオディーゼルの原料は菜種、ひまわり、大豆等の食用油である。5年後の2.4倍のバイオ燃料の増産に向けて、国内での原料供給確保が動き出した。National Biodiesel Ltdは、2.2億U$を投資して、 ポートケンブラ(Port Kembla)で大豆生産し、バイオディーゼルを生産するとしている。

表 オーストラリアの一次エネルギー供給:2007年(石油換算 百万トン)

  石炭 石油 天然ガス 水力 地熱・
太陽光他
バイオマス・
廃棄物
合計
国内生産 218.406 25.301 38.524 1.238 0.367 5.37 289.206
輸入 0.027 31.73 4.597 0 0 0 36.354
輸出 -158.314 -16.558 -17.77 0 0 0 -192.642
一次供給 60.119 40.473 25.351 1.238 0.367 5.37 132.918

 

図 オーストラリアの一次エネルギー供給:2007年(石油換算 百万トン)
図 オーストラリアの一次エネルギー供給:2007年(石油換算 百万トン)


表 バイオ燃料の生産量(万キロリットル)

  2010年 2015年
バイオエタノール 35.0 91.0
バイオディーゼル 28.6 60.9
合計 63.6 151.9

 

図 バイオ燃料の生産量
図 バイオ燃料の生産量

 

図 バイオ燃料を5年で2.4倍生産するオーストラリア
図 バイオ燃料を5年で2.4倍生産するオーストラリア

 

参考:
IEA(International Energy Agency)ホームページ:http://www.iea.org/
http://www.businessgreen.com/business-green/news/2249385/australia-tops-global-per
http://www.reuters.com/article/idUSTRE68S0BM20100929
http://www.natbiogroup.com/default.asp?id=142

その他のトピックス