HOME  >   トピックスアーカイブ  >  タイは東南アジア最大のバイオマス燃料生産国

タイは東南アジア最大のバイオマス燃料生産国

タイは東南アジア最大のバイオマス燃料生産国

2008年度の全世界におけるバイオ燃料の生産量は、バイオエタノールが6,700万kℓ(キロリットル)、バイオディーゼルが1,200万kℓであった。2007年度と比較してバイオエタノールは34%、バイオディーゼルは33%と大きく生産量は増えた。東南アジアの中で、タイはバイオエタノール30万kℓ、バイオディーゼル40万kℓ生産し、東南アジア最大のバイオ燃料生産国である。

タイの2008年度の、一次エネルギーの国内生産量は62,695ktoe(キロトン原油換算:kton oil equivalent)で、この内、再生可能エネルギーが19,295 ktoeで全体の30.8%と多く、バイオ燃料が626ktoeで1%を占める。再生可能エネルギーは、木材、籾殻、バガス、農業廃棄物である。

政府は、積極的に国内バイオ燃料の生産を推し進めている。その背景には次の背景がある。

① 5年後に国の原油輸入は、年間100万kℓ(420億バーツ相当:約1,200億円)削減できる(2008年度は約4,000万kℓ輸入)。

② 農業分野で、農作物から経済的高価なエネルギー資源へ価値が付加され、農家の収入が増加する。

2010年4月時点で、タイの首都バンコクでは、軽油が29.39バーツ(83円)/ℓ、B2(軽油にバイオディーゼル2%混合)が28.19バーツ(80円)/ℓで、バイオ燃料が安く販売されている。

表 バイオエタノール生産量(2008年度)

燃料用エタノール
製造量
(百万kℓ)
米国 34
ブラジル 27
中国 1.9
フランス 1.2
カナダ 0.9
ドイツ 0.5
スペイン 0.4
タイ 0.3
インド 0.3
コロンビア 0.3
スウエーデン、イタリア、ポーランド他 0.2
合計 67

表 バイオディーゼル生産量(2008年度)

バイオディーゼル
生産量
(百万kℓ)
ドイツ 2.2
米国 2.0
フランス 1.6
ブラジル 1.2
アルゼンチン 1.2
タイ 0.4
スペイン 0.3
イタリア 0.3
英国 0.2
コロンビア 0.2
中国 0.1
カナダ 0.1
スウェーデン 0.1
ポーランド 0.1
インド 0.02
その他 2.0
合計 12


図 バイオエタノール生産国と割合
図 バイオエタノール生産国と割合


図 バイオディーゼル生産国と割合
図 バイオディーゼル生産国と割合


表 タイの一次エネルギー国内生産量(2008年度)

エネルギー 生産量(ktoe)
在来型エネルギー 石炭 4,743 42,507
原油 7,318
コンデンセート 3,900
天然ガス 24,969
水力・その他 1,577
再生可能エネルギー 木材 11,770 19,295
籾殻 1,814
バガス 3,486
農業廃棄物 2,205
ごみ 4
バイオガス 16
バイオ燃料 バイオエタノール 240 626
バイオディーゼル 386
その他 黒液等 267 267
合計 62,695



図 タイの一次エネルギー国内生産量
図 タイの一次エネルギー国内生産量

参考:
タイ経済・産業データハンドブック2008年度版(螢▲献∋唆噺Φ羹衄行)、http://www.ren21.net (REN 21 ホームページ)、タイ紙バンコクポスト他

その他のトピックス