HOME  >   トピックスアーカイブ  >  RITE-Honda プロセスによるバイオエタノール製造研究施設を建設

RITE-Honda プロセスによるバイオエタノール製造研究施設を建設

財団法人・地球環境産業技術研究機構(RITE)と株式会社・本田技術研究所(Honda)は、千葉県のかずさアカデミアパークに、バイオエタノール製造の実用化に向けての研究施設を建設する。非食用の植物の茎や葉などセルロース類を原料とした、バイオエタノールの製造技術確立と実用化が目的である。2009年4月に着工し、11月に稼動する計画で、敷地面積は5,000m2、実験棟一棟(延べ床面積は約1,050m2)で、バイオエタノールの生産規模は国内最大規模になる。

RITEとHondaは、2007年4月より、Hondaの基礎技術研究センターで、パイロットプラントを立ち上げ、RITE-Hondaプロセスによるバイオエタノール製造の研究と実証試験を行なってきた。このプロセスは、RITEが開発したRITE菌とホンダのエンジニアリング技術を融合させたもので、エタノール醗酵阻害物質による悪影響を大幅に減少させ、バイオエタノールの大幅な増産を可能にした。

Hondaは、このバイオエタノールを用い、エタノール対応車(Flexible Fuel Vehicle)による試走を計画中である。

参考 : RITE ホームページ、Honda ホームページ

その他のトピックス