HOME  >   トピックスアーカイブ

トピックスバックナンバー

2017.2.3 高分子膜を使用したバイオ燃料の製造
  太陽熱起電力発電システム
  日本の地熱資源開発促進
  ベトナムの再生可能エネルギー計画見直し
  オーストラリアの再生可能エネルギー動向
2017.1.10 ブルネイ・ダルサラームの再生可能エネルギー導入
  落差の小さな水路での小水力発電
  トンガの再生可能エネルギー拡大
  2030年に向けての日本の風力発電拡大策
  世界のエネルギー構成の転換点
  ハノイで第3回アジア再生可能エネルギーワークショップを開催
2016.12.1 世界初のクローズドサイクル地熱発電
  2016年度バイオマス産業都市の選定
  岩手県久慈港に日本初の波力発電所
  シンガポールの太陽光発電
  2025年度の台湾の再生可能エネルギー導入拡大施策
2016.11.1 ミャンマーの籾殻ガス化発電の普及に日本企業が協力
  小形風力発電の導入状況
  次世代地熱発電の開発
  ベトナムの第7次電力開発計画(PDP7)の見直し
  2017年度の日本の再生可能エネルギーの導入拡大施策
2016.10.1 タイでバイオエタノール製造に膜分離技術を適用
  カネカが結晶シリコン太陽電池セルで世界最高の26.33%を達成
  水道事業者の小水力発電ポテンシャルは1万9000kW
  バングラデシュの再生可能エネルギー導入計画
  福島新エネ社会構想の実施
2016.9.2 自治体による地産エネルギー電力事業の開始
  電力会社別再生可能エネルギー電源別電力量比の実績
  2015年の世界太陽光発電導入量は日本が2位、累積設備容量でも3位
  台湾における洋上風力推進
  長崎県の五島列島は風力や潮流などの再生可能エネルギーが豊富
2016.8.8 バイオマス活用推進基本計画の改定進行中
  韓国「エネルギー未来戦略委員会」の発足
  日本の風力発電所設置の法的規制緩和
  バイオエタノール燃料電池自動車の開発
  タイにおける太陽光発電投資活発化
2016.7.1 化合物太陽電池モジュールにおける世界最高の変換効率達成
  トレファクション(半炭化)燃料の実用化への取組み
  フィリピンはアセアンにおける最大の風力発電国
  日本におけるバイオマス発電の拡大
  アセアン諸国の再生エネルギー動向
2016.6.14 日本のエネルギー革新戦略
  国際協力によるアジア電力網の構築
  インドの太陽光発電の導入目標が5倍に上方修正
  インドネシアの再生可能エネルギーによる地方電化
  オーストラリアの波力発電開発
2016.5.24 2017年4月からの固定価格買取制度改正案の国会提出
  世界の2015年の再生可能エネルギー投資額
  日本における風力発電コスト低減と設備拡大
  東京都のエネルギー目標と地中熱ポテンシャルマップの公開
  マレーシア政府がサバ州・サラワク州でバイオマス産業開発計画をスタート
2016.2.22 植物を超えるエネルギー変換効率を人工光合成で達成
  2015年の日本における風力発電導入状況
  2016年度 経済産業省の再生可能エネルギー関係予算案
  エネルギーのレジリエンス(強靭性)としてのスマートコミュニティ
  南相馬ソーラー・アグリパーク体験学習による子どもたちへの新エネ啓発活動
  2030年の世界の再生可能エネルギー経済効果は1兆3千億ドル(約152兆円)
2016.1.29 北海道における再エネ由来の水素社会形成に向けた取り組み
  都市ゴミから作るジェット燃料の実証スタート
  マレーシアとミャンマーで初のごみ焼却発電を日本企業が受注
  日印エネルギーパートナーシップイニシアティブ
  バイオマス産業都市「佐賀市」に藻類研究機関設立
  2016年度再生可能エネルギー固定価格買取制度(日本)
2016.1.6 2015年度のバイオマス産業都市選定
  CIS太陽電池における世界最高変換効率の達成
  ラオスにおける地方電化の推進
  スリランカの風力発電
  エコスクールへの再生可能エネルギー設備の導入推進
  ジャカルタで第2回アジア再生可能エネルギーワークショップ(AREW)を開催
2015.12.2 未利用材木質バイオマス発電の推進
  木質ペレットの生産量と輸入量
  輸入ヤシ殻(PKS)のバイオマス発電への利用
  ユーグレナのジェット燃料への取組
  再生可能エネルギーキャリアとしての水素化合物
  海藻からのバイオエタノール製造の進展
2015.11.2 国立公園内の地熱発電の規制緩和が前進
  ベトナムで大型太陽光発電の設置スタート
  中国の洋上風力発電大型プロジェクト運転開始
  中小水力発電の老朽化更新とFIT
  ニュージーランドの再生可能エネルギーの中でのバイオマスの位置づけ
  日印の再生可能・省エネルギー分野での協力
2015.10.6 太陽光発電パネルのリサイクル検討開始
  タイでバガスからのバイオエタノールプラント完成
  太陽エネルギーからの水素変換効率更新
  オーストラリアにおける太陽熱発電の現状
  インドにおける波力・潮汐エネルギーポテンシャル
  福岡市の水素リーダー都市プロジェクト「下水汚泥からの水素創エネ技術」
2015.9.2 パキスタンにおいて進む風力発電の導入
  フィリピンにおける地熱発電導入の進展
  2014年の太陽光発電新規導入容量は中国が1位、日本が2位
  山口県で世界初の竹専焼バイオマス発電建設へ
  ミャンマーの風力発電の現状
  福島県の再生可能エネルギー推進に向けた取組み
2015.7.29 インドネシアにおける海洋再生可能エネルギーの導入促進
  電力システム改革の本格化(日本)
  圧縮空気による蓄電で再生可能エネルギーの出力変動に対応
  2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたバイオジェット燃料導入
  カンボジアにおけるバイオエタノールの生産の可能性
  平成26年度エネルギー白書
2015.7.6 マレーシアにおける太陽光発電導入状況
  再生可能エネルギー発電適地から需要地までの送電線強化
  ベトナムにおける風力発電導入状況
  日本発のペロブスカイト太陽電池の進歩
  パキスタンにおける太陽光発電導入状況
  2030年の日本の電源構成ベストミックス案
2015.6.1 波力発電の実証試験が開始された
  再生可能エネルギー出力変動対策用に超電導フライホイールの開発
  ラオスの水力発電の状況
  赤外線で発電できる太陽電池
  台湾における太陽光発電
  フィリピンにおけるネピアグラスによるバイオマス発電着工
2015.5.11 タイにおけるバイオ燃料導入状況
  2015年度再生可能エネルギー固定価格買取制度(日本)
  再生可能エネルギーによる水素ステーションの設置
  微細藻類の大規模屋外培養への取り組み
  都市油田発掘プロジェクト
  オーストラリアの風力発電の導入状況
2015.3.5 マレーシアでアジア再生可能エネルギーワークショップ(AREW2015)を開催
  国定公園内の大規模地熱発電所建設決定(日本)
  地中熱利用ヒートポンプの設置状況
  マレーシア初の籾殻発電建設
  インドにおける太陽熱発電の現状
  台湾における海洋エネルギー開発
2015.1.29 ラオスにおけるバイオマスエネルギー利用状況
  人工光合成技術の進展(日本)
  バングラデシュの再生可能エネルギー
  バイオガスを燃料とする中温作動型固体酸化物燃料電池
  豊橋市で日本初の複合バイオマス発電プロジェクト始動
  ネパールのメガソーラーに世界銀行が融資
2015.1.7 中国における太陽熱発電(CSP)の進展
  宇宙太陽光発電を推進(日本)
  太陽光発電用次世代パワーコンディショナ販売開始
  ブルネイ・ダルサラームの再生可能エネルギー導入検討状況
  微生物燃料電池で発電とリン回収に世界初の成功
  ニュージーランドの風力発電導入状況
2014.12.5 東日本大震災被災地で潮流発電実験開始
  シンガポールのセマカウ島マイクログリッド
  台風に強い風力発電の沖縄・トンガ王国への設置
  2014年度バイオマス産業都市の選定
  微細藻類からのバイオオイル抽出の効率化
  インドネシアにおけるバイオディーゼル燃料(BDF)の導入状況
2014.11.5 生協の再生可能エネルギー導入推進
  カンボジアにおける太陽光発電の状況
  世界初のブローホール式波力発電システム実証研究施設が稼働開始
  世界最大の水上設置メガソーラ建設
  マレーシアにおける再生可能エネルギーの導入状況
  インドにおけるバイオマスコジェネレーションの推進
2014.10.2 日本における焼酎粕バイオマス発電
  ミャンマーにおける太陽光発電
  秋田県における水素社会実現に向けた取り組み
  中国における洋上風力の推進
  韓国における微細藻類研究開発
  日本におけるバイオ燃料生産ポテンシャル
2014.9.1 日本における木質チップの品質規格化
  高知県における太陽熱利用の取組
  かながわスマートエネルギー計画はフィルム型太陽光発電に注目
  スリランカの再生可能エネルギー導入の進展
  北海道における牛ふんバイオマス利用
  フィリピンの小水力発電普及への日本の協力
2014.8.1 2013年の日本の太陽光発電設備新規導入量は世界第2位
  東京都は総合的導入策で再生可能エネルギー比率を20%に拡大
  未利用柑橘類廃棄物からバイオブタノール製造に成功
  ベトナムでバイオマス発電導入のために優遇策実施
  インドネシアの地熱発電に日本製タービン採用
  日本における海洋エネルギー実証海域の決定
2014.7.1 フィリピンにおける大型太陽光発電プラントの建設動向
  オーストラリア産ユーカリによる航空機用バイオ燃料
  台湾における洋上風力発電導入推進
  レドックスフロー電池の国際標準化審議スタート
  福島県における再生可能エネルギー分野の産業集積
  稲わらからバイオエタノールを高効率で製造する技術を確立
2014.6.2 藻類バイオ燃料車の公道試験開始(日本)
  タイにおけるキャッサバ残渣からのバイオエタノール生産
  河川維持放流による小水力発電
  2013年の風力発電導入は再び中国が世界1位
  インドの洋上風力発電推進
  インドネシア・スラウェシ島の再生可能エネルギー導入状況
2014.5.9 マレーシアでパームヤシによるバイオコークス製造試験開始
  タイにおけるネピアグラス・バイオガス発電の推進
  八丈島の再生可能エネルギー利用拡大
  韓国済州島のスマートグリッド実証事業
  製鉄所の排ガスからのバイオ燃料製造
  バイオブタノールの開発動向
2014.3.3 バイオマス原料の輸送コスト低減
  日本における下水汚泥活用の状況
  小形風力発電の状況
  再生可能エネルギーの出力変動対策としての水素利用
  インドでアジア最大のソーラーパークの建設進行中
  日本の固定価格買取制度の現況
2014.2.6 オーストラリアのバイオエネルギーの状況
  韓国のバイオマスエネルギー利用状況
  人工光合成でメタン製造に成功
  関門海峡潮流発電実証試験完了
  マレーシアのバイオマス燃料輸出
  日本のメガソーラーの規模拡大化
2014.1.6 ユーグレナ(ミドリムシ)によるジェット燃料
  日本の洋上風力発電所(着床式)の状況
  地熱開発の推進体制スタート(日本)
  フィリピンにおける風力発電の推進
  オーストラリアの海洋エネルギー開発
  ベトナムのバイオマスへの2国間オフセット・クレジット制度適用検討
2013.12.2 わが国における木質バイオマス発電の動向
  カンボジアの再生可能エネルギー利用
  カンボジアにおけるバイオマス利用実証試験
  我が国における農業用水小水力発電に対する自治体の動向
  浮体式洋上風力発電実証試験機が相次いで運転開始
  ニュージーランドの再生可能エネルギー
2013.11.1 マレーシア政府バイオディーゼル利用を加速
  フィリピンのバイオ燃料導入目標
  フィリピンの地熱発電の現状
  再生可能エネルギー発電の出力変動対応
  ブルネイ・ダルサラームの再生可能エネルギーの現状
  ASEAN諸国の遠隔地の電化
2013.10.11 日本における木質炭化燃料
  インドにおけるバイオディーゼル燃料の状況
  モンゴルの再生可能エネルギー
  韓国の風力発電の現状
  かながわスマートエネルギー構想
  沖縄の海洋温度差発電稼動
2013.9.10 インドネシアのバイオエタノール事情
  日本における木質ペレットの利用
  パキスタンのエネルギー状況
  農地でのソーラーシェアリングの進展
  タイの太陽光発電導入の加速
  九州で進む温泉発電導入
2013.8.9 都市の成長と廃棄物処理
  バイオガスシステムによる生活環境の改善
  バングラデシュの太陽光発電
  水上設置太陽光発電の進展
  スリランカの再生可能エネルギー利用
  日本の再生可能エネルギー固定価格買取制度開始後の小水力発電導入状況
2013.7.17 バイオジェット燃料の開発状況
  バイオマスの新しい熱利用方法
  オーストラリアの太陽熱発電プロジェクト
  インドの太陽光発電設置状況
  ラオスの再生可能エネルギー利用
  福島県の再生可能エネルギー導入推進
2013.6.24 導入が進む未利用材木質バイオマス発電
  エネルギー分野におけるミャンマーへの支援拡大
  ミャンマーにおける再生可能エネルギー導入状況
  日本の再生可能エネルギー固定価格買取制度の現状
  インドネシア地熱発電への日本企業の協力
  2012年の中国風力発電新規導入量は世界2位
2013.3.1 東南アジアで進むバイオマス実験プラント操業
  バイオマス発電で海外からの電力会社参入続く(インドネシア)
  高知県で進む木質バイオマス発電
  日本のグリーン熱証書システム
  シンガポールの再生可能エネルギー産業政策
  インドネシアにおける再生可能エネルギー導入普及の現状
2013.2.1 中国山東省で3万kWのバイオマス発電が運転開始
  インドの革新的な再生可能エネルギー「India Energy Revolution」が公表
  再生可能エネルギー発電設備の導入が順調(日本)
  日本における太陽熱利用状況
  韓国の新・再生可能エネルギー普及政策
  フィリピンにおける再生エネルギー普及策
2012.12.27 日本企業 東南アジアへバイオマス事業に進出
  日本ではバイオマス発電に参入する企業、自治体が増加
  草木からのバイオエタノール製造(タイ)
  日本の海洋温度差発電技術をアジアへ
  ベトナムの再生可能エネルギーは風力発電を重視
  台湾の再生エネルギー導入促進策
2012.12.6 マレーシア バイオマスの工業化を進めるプロジェクトを発表
  次世代エタノール製造プラントを立ち上げ(インド)
  再生可能エネルギーの発電電力量を2030年に3倍の3,000億kWhへ(日本)
  日本における海洋エネルギー開発の進展
  再生可能エネルギー導入は、太陽光発電と風力発電を優遇(タイ)
  オーストラリア政府 大規模メガソーラーと太陽熱発電の開発を推進
2012.11.1 下水汚泥から水素製造
  ハイブリッド増殖による藻の大量培養実証試験 開始
  2020年に電力向け木質ペレット需要288万トン(韓国)
  継続的に地熱発電を導入(ニュージーランド)
  太陽光発電の導入および製造工場建設に意欲的なマレーシア
  太陽光発電協会、2030年を目指したJPEAビジョンを改訂
2012.10.4 バイオエタノール国内消費伸びず輸出に振り分け(ベトナム)
  2020年に1,200万トンのバイオ燃料を航空機燃料に使用(中国)
  間伐材利用発電 日本各地で進む
  インドで太陽熱発電(Concentrating Solar Power)の開発が進展
  化合物薄膜系太陽電池の変換効率世界記録達成(日本)
  東京スカイツリーで地中熱ヒートポンプの運転開始
2012.9.17 豊富なバイオマス資源を持つインドネシア
  日本企業のアジアにおけるバイオマス発電
  バイオマス事業化の戦略案を公表(日本)
  日本で地熱発電の導入機運 高まる
  インドの潜在風力発電設備容量3,000GW
  中国の太陽熱温水器産業は世界一
2012.8.17 インドで藻類バイオ燃料工業化が進む
  火力発電所排出CO2を利用する藻類バイオ燃料製造(オーストラリア)
  藻からのバイオ燃料の実用化に向けて(日本)
  地熱発電の電力買取価格を2倍にし、導入を加速(インドネシア)
  世界トップレベルの日本の有機系太陽電池開発
  中国は水力発電設備で世界一位
2012.8.2 日本各地で「エネルギーの地産地消」の取り組み
  バイオエタノール輸出が旺盛なタイ
  マレーシアに「パーム油・バイオマス・センター」創設
  英国と韓国、洋上風力発電と潮力発電開発で関係強化
  日本の小水力発電導入ポテンシャルは898万kW
  太陽光発電生産で世界第1位の中国
2012.7.19 下水汚泥のエネルギー利用が進む
  日本企業のバイオマス事業の海外進出
  非穀物原料からのバイオエタノール生産を目指す中国
  日本初の浮体式洋上風力発電がスタート
  インドの太陽光発電の現状と課題
  日本で固定価格買取制度が2012年7月1日からスタート
2012.3.6 平成23年度アジア・バイオマスエネルギー協力推進事業に係る報告会が開催
  第8回バイオマス・アジアワークショップをハノイで開催
  バイオマス事業化の戦略検討チーム設置
  バイオエタノール製造に大幅な省エネ効果実現
  マレーシア全国にバイオディーゼル利用が広まる
  韓国で「廃棄物のエネルギー化(waste-to-energy)」政策を推進
2012.2.2 再生可能エネルギーの発電コスト試算を発表
  日本最大級のバイオエタノール製造プラントが完成
  インドのジャトロファからバイオ燃料の取組
  ミャンマーは森林破壊を防ぐため農業廃棄物やバイオガスを利用
2012.1.12 バイオエタノールの製造コストを低減する「酵母菌」を開発
  下水汚泥から高純度水素を製造
  マレーシアは「バイオマスから富を」の国家バイオマス戦略を発表
  カンボジアで籾殻発電の実証開発事業が開始
2011.12.1 アブラヤシ空果房からバイオマスコークス製造事業がスタート
  稲わらからのバイオ燃料を90円未満/リットルで製造できる技術を確立
  フィリピンの農業バイオマス資源は1,301万トン/年
  中国はバイオマス発電を2015年までに1,300万kW、2020年に3,000万kWに
2011.11.7 営業運転を開始した日本3番目規模の木材チップ専焼発電
  石油業界がバイオ燃料導入の目標達成
  シンガポールで世界最大規模のバイオマス利用発電プラントを建設中
  アセアン諸国の森林資源
2011.10.6 日本が再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT: Feed in Tariff)を導入
  京都市が生ごみと紙ごみからエタノールに変換する事業を開始
  インドネシアで空果房の発電・売電事業のFSを開始
  メコン河流域圏でのバイオマス利用促進プロジェクトがスタート
  「アジア・バイオマスエネルギー研究者招聘プログラム2011(事業化に向けて)」(PDF:493KB)
2011.9.6 藻を活用して農村漁村に新ビジネスを(日本)
  微細緑藻(ボトリオコッカス)バイオ燃料の実用化が近づく(日本)
  下水処理場でバイオ燃料用の藻類生産(ニュージーランド)
  藻からのジェット燃料は5年以内に実用化(中国)
2011.8.10 日本最大のバイオマス専焼発電所で食品廃棄物を利用
  紙・パルプ製造業がバイオマスによる電力を電力会社へ
  オーストラリアは2015年にバイオ燃料を倍増
  タイはアジアの中でバイオ燃料パイオニア国
2011.7.1 下水汚泥とコーヒーかすからバイオガス製造
  廃食油からのバイオディーゼル燃料生産が着実に増加
  インドのガソリン需要は今後8.5%の伸び
  韓国の木質ペレット需要2020年に500万トン
2011.6.8 藻類バイオ燃料に新たな進展
  長岡市で「生ごみ」のバイオガス化事業がスタート
  中国はバイオエタノール生産で世界第3位
  マレーシア最大のパーム会社Feldaが2基目のバイオマス発電
  アジアバイオマスの「海外セミナー」、「海外ワークショップ」をインドネシアで開催
2011.5.20 日本のバイオマスエネルギー動向
  延岡市でバイオマスー石炭の発電実証実験が始まる
  ベトナムで国内最大のバイオエタノール工場が稼動開始
  インドネシアはバイオディーゼルのリーダーを目指す
2011.3.8 平成22年度アジア・バイオマスエネルギー協力推進事業に係る報告会が開催
  日本最大のバイオマス発電所が川崎でスタート
  小規模分散型オンサイト型を目指すバイオマスタウン八千代町
  インドネシアのバイオマスによる排水処理
  タイにおけるバイオマス発電
2011.2.2 石炭と木質バイオマスの混焼発電が日本各地で本格化
  日本企業が東南アジアへのバイオマス事業に参画
  インド ビハール州の籾殻発電システム
  カンボジアで籾殻発電が近くスタート
2011.1.11 亜臨界水・超臨界水を用いたバイオマスの資源化技術が実用化へ
  日本の稲わらからバイオエタノール製造プロジェクト
  オーストラリア クイーンズランド州はバイオマスのリーダーを目指す
  パーム油産業からの廃棄物利用が進むマレーシア
2010.12.2 航空機用バイオ燃料の規格が承認見込み
  食品廃棄物からバイオ燃料の技術開発と事業化
  フィリピンの農産物バイオマス利用
  シンガポールで世界最大級のバイオディーゼル生産が間もなく開始
2010.11.9 食糧供給と両立できるバイオエタノール生産
  下水汚泥バイオガスの都市ガス導管への注入が開始
  オーストラリアはバイオ燃料製造を5年間で2.4倍へ
  ブルネイ・ダルサラームは経済の多様化へ
2010.10.4 石炭−木質バイオマス混焼発電の導入が拡大
  木材バイオマスをガス化して発電、液体燃料へ
  ミャンマーはジャトロファ植林を最優先
  インドでは家庭用バイオガスプラントが普及
2010.9.1 日本企業によるアジアでのバイオマス事業が進む
  海藻から高効率でバイオエタノール製造技術を開発
  ベトナムでバイオエタノールの出荷が始まる
  中国のバイオマス資源は毎年7億トン
2010.8.3 不要衣料品からバイオエタノール生産プロジェクトが本格スタート
  国産バイオディーゼル燃料製造・利用拡大に向けて
  森林資源が豊富なラオス
  カンボジアの豊富なバイオマスを利用した発電と省エネ
2010.7.1 食品廃棄物の循環利用・エネルギー利用が進む
  木質バイオマスから水素製造の商用プラントが建設開始
  韓国のバイオマスエネルギー事情
  マレーシアのバイオ燃料はパーム油が原料
2010.6.11 ジャトロファの生産能力を高める研究成果
  バイオDME (ジメチルエーテル)の用途に弾み
  タイは東南アジア最大のバイオマス燃料生産国
  インドネシアはパーム油生産国世界一
2010.5.25 日本の2008年度CO2排出量が確定
  国産バイオ燃料の普及拡大に向けて!
  フィリピンのバイオ燃料利用
  ニュージーランドのバイオ燃料利用
2010.3.3 平成21年度アジア・バイオマスエネルギー報告会が開催
  木質バイオマス発電によるグリーン電力利用が普及拡大
  シロアリによるバイオエタノール製造に弾み
  フィリッピンに巨大バイオマスプロジェクト2件が相次いで発表
  ベトナムの籾殻発電所1号機が2010年1月に稼動
  中国で斬新なバイオマス発電所建設計画が2件発表
2010.2.2 林地残材バイオマス混焼発電を6ケ所の石炭火力発電所で実施
  木質ペレットの輸入量
  地産地消の普及が進む木質ペレット
  マレーシアでのパーム油のLCA(Life Cycle Assessment)国際会議
  インドネシア政府はバイオ燃料普及に補助金を倍増する見込み
  豪州のユーカリ栽培によるCO2排出権が約660万ドルで売却
2010.1.5 第2回アジア・バイオマスエネルギーワークショップ(東アジアバイオ燃料データベース)が開催
  バイオエタノールの製造・利用が本格化
  パームヤシ空果房の輸入量が拡大
  バイオマス熱利用事業が日本各地で立ち上げ
  東南アジアのバイオ燃料(エタノール、ディーゼル)の導入目標
  インドのバイオマス企業が海外に進出
2009.12.3 新エネルギー財団アジアバイオマスオフィスが「APPECエネルギービジネス賞アジア2009」を受賞しました。
  電力会社が相次いでバイオマス石炭混焼発電に参入
  バイオディーゼル燃料利用を推進させる新技術
  メタン発酵バイオガス利用の広域化
  中国のバイオマス発電所の建設状況:江蘇省で群を抜いて普及
  東アジアのバイオマス植林が活発化
  ネパールではバイオマスストーブが普及段階に
  バイオ燃料利用の東南アジアの動向
2009.11.2 バイオマスを短時間で高効率に電気、燃料、熱に利用
  八丈島でジャトロファ50%燃料の漁船走行試験
  下水汚泥をバイオマス燃料に変換
  各地に広がる木質バイオマスの熱利用
  藻類のバイオマス利用(1)「非食料の藻類からのバイオ燃料が本格始動」
  藻類のバイオマス利用(2)「世界的に注目される藻類」
  藻類のバイオマス利用(3)「東南アジア各国の藻類バイオマス開発状況」
2009.10.5 ミニストップの廃食油がバイオディーゼル燃料に
  岡山県真庭市に木質バイオマス集積基地が完成
  バイオマスからのメタン発酵が日本各地で本格化
  33,000kW木質バイオマス発電が着工
  豪州は輸送用バイオ燃料の普及目標を達成!
  ベトナムでバイオエタノールプラント3号機が着工された
  微細藻類からバイオ燃料を製造するプロセス開発が本格化
2009.9.1 木質バイオマスから高効率バイオエタノール生産に目処
  下水汚泥を燃料化し再生エネルギー利用
  国産バイオエタノールの普及が各地で加速化
  豊富な森林資源の利活用が活発化
  バングラデシュの家庭におけるバイオエネルギー利用の改善
  ブルネイとマレーシアのジャトロファ・バイオディーゼル燃料製造事業
  パプアニューギニアでのパーム栽培
2009.8.3 亜硫酸パルプ廃液(黒液)からエタノール製造の研究開始
石炭混焼発電の経済性評価結果
全国に広がるバイオマスチップでCO2削減
フィリピンのバイオマス発電が1,600MW体制に
ミャンマー政府のジャトロファー栽培計画
カンボジアのバイオマス小規模発電の急速な普及
インドのエネルギー消費の28%はバイオマス
2009.7.6 第10回東アジアサミットエネルギー協力タスクフォース会議
上伊那森林組合のペレット事業が黒字化
木質バイオエタノールの製造実証プラントが秋田県に完成
東京ガスがバイオガス回収実験用施設を公開
インドネシアにおけるヤシ殻と籾殻による発電ポテンシャル
スリランカのバイオマス利用の高度化
タイのバイオエタノール製造と環境対策
2009.6.15 木質系バイオマスからDME(ジメチルエーテル)を合成
石炭と木質バイオマス混焼発電に最大規模の木質バイオマス燃料化設備を導入
新日本石油がETBE混合バイオガソリンを本格販売開始
RPS法による新エネ電力量が5年で1.83倍に
インドネシア政府が2010年度のバイオ燃料の普及補助金を2倍に
ベトナムの消費エネルギーは46%がバイオエネルギー
マレーシアにバイオテックパーク(Bioxcell)建設へ
2009.5.25 インドネシアのバイオマス燃料供給計画
タイおよびインドネシアで木質ペレット製造プラント建設
アジアでEFB発電が普及段階に
新エネ百選にバイオマス関連21件が選定
下水汚泥・木質バイオマスの発電利用が本格化
バイオ水素生産を2013年に事業化
2009.3.30 ミャンマーでジャトロファ燃料事業化
バイオ液体燃料の実証プラント建設
藻類からのバイオ燃料
石油業界のバイオ燃料
タイのバイオディーゼル事情
ミカンかすからのバイオエタノール
木質ペレット製造事業が本格化
第9回東アジアサミット エネルギー協力タスクフォース会議
2009.3.16 国産バイオエタノールからバイオETBE製造へ
RITE-Honda プロセスによるバイオエタノール製造研究施設を建設
バイオマス利用を東南アジアに広める活動
リグニンの高効率除去技術を開発
E3ガソリンの利用試験を開始
木質バイオマス発電でCO2排出削減
アジア・バイオマスエネルギー報告会が開催
2009.3.2 フィリピンでE5が義務化
資源エネルギー庁が木質バイオマス混焼発電を推進
40円/リットルのバイオエタノールが目標
JAグループの国産バイオ燃料プロジェクトが本格生産開始
インドのバイオ燃料開発最新トピックス
竹林からバイオ燃料
バイオマスエネルギーの「地産地消」
2009.2.16 日本のバイオ燃料普及拡大に向けて
日本型バイオエタノール生産の開発
東南アジアにおけるバイオマスエネルギー
日本各地に広がるバイオディーゼル利活用(京都市)
バイオ燃料による飛行実験が成功
日本で初めて草を使った発電事業
植物由来の高付加価値ポリマー製造
2009.1.30 2020年自動車用燃料はバイオマス燃料と未利用化石燃料が必須
オバマ新大統領がバイオ燃料増産を支援
世界最先端の発酵技術でバイオ燃料製造
バイオ燃料の多様化が進む - ヒマワリの種
バイオエタノールの原料も多様化が試みられている - 竹微紛末の利用
北海道・白老町に建設されるRDF製造所の引き取り価格が決定