HOME  >  アジア再生可能エネルギーワークショップ

アジア再生可能エネルギーワークショップ

1.  背景と目的

アジア太平洋地域などの新興国では、今後エネルギー需要が大幅に伸びることが見込まれております。このような地域では、エネルギーアクセスの向上や気候変動対策として再生可能エネルギーを導入し普及させることは重要であり、また日本のエネルギー安全保障の確保にも有効です。

このような状況を踏まえて、新エネルギー財団では、経済産業省資源エネルギー庁からの委託で、産業技術総合研究所を中心とした研究機関、大学、企業の協力を得ながら、新興国の再生可能エネルギーに関連した共同研究、人材育成に関わる事業を行っています。ここで得られた研究や研究人材育成の成果を活用するために、再生可能エネルギーに関して、海外の政府、学会、産業界と連携して、情報交換を通じてネットワーキングの維持、強化、交流の機会拡大を図っております。

その一端として、再生可能エネルギーに関する研究課題や問題点を共有して、今後の共同研究、人材育成事業に反映し、各国間のネットワーキングを充実させることを目的として、「アジア再生可能エネルギーワークショップ(Asia Renewable Energy Workshop: AREW)」を平成26年度より開催しています。

2.  第1回AREW (AREW2015)

開催地:

マレーシア セルダン(クアラルンプール近郊) マレーシアプトラ大学

開催期間:

2015年2月3日 基調講演、国際協力
2015年2月4日 エネルギー分野別パネルディスカッション

主催:

日本:

・経済産業省資源エネルギー庁(ANRE)
・産業技術総合研究所(AIST)
・新エネルギー財団(NEF)

マレーシア:

・エネルギー・環境技術・水省(KeTTHA)
・マレーシアプトラ大学(UPM)
・九州工業大学マレーシアスーパーサテライトキャンパス(MSSC)

3.  第2回AREW

開催地:

インドネシア ジャカルタ インドネシア技術評価応用庁

開催期間:

2015年12月2日 基調講演、特別講演
2015年12月3日 エネルギー分野別パネルディスカッション
2015年12月4日 テクニカルツアー(カモジャン地熱発電所)(希望者)

主催:

日本:

・経済産業省資源エネルギー庁(ANRE)
・産業技術総合研究所(AIST)
・新エネルギー財団(NEF)

インドネシア:

・インドネシア技術評価応用庁(BPPT)

協賛:
- インドネシアエネルギー鉱物資源省(ESDM)、ASEANエネルギーセンター(ACE)他

4.  第3回AREW

開催地:

ベトナム ハノイ ハノイクラブホテル

開催期間:

2016年12月7日 基調講演、特別講演
2016年12月8日 エネルギー分野別パネルディスカッション
2016年12月9日 テクニカルツアー
(廃棄物発電施設:Nam Son Waste Treatment Complex)
(地中熱発電施設:Vietnam Institute of Geosciences and Mineral Resources)

主催:

日本:

・経済産業省資源エネルギー庁(ANRE)
・産業技術総合研究所(AIST)
・新エネルギー財団(NEF)

ベトナム:

・ベトナム科学技術院(VAST)

協賛:
- ベトナム商工省(MOIT)、ASEANエネルギーセンター(ACE)他